スマホの寿命を延ばすためには

日々の生活に大活躍するスマホは、できる限りその寿命を延ばしたいものです。スマホの寿命を延ばすために心がけたいこととしては、まず第一にスマホの発熱に注意をしましょう。
スマートフォンを使っていると、本体が急に熱を帯びて熱くなることが見られます。これはしばらく放置しておくと元の温度に戻るので、それほど気にしていない人もいるかもしれません。しかしスマートフォンが発熱することは、本体にかなりの負担がかかっていることを示しています。
できれば避けたい事態であり、ひどい場合には急に電源が切れるようになったり、発熱による異常な動作が起こる可能性もあります。
スマートホンの発熱しやすい原因としては、GPSを使いナビとして使っている時、カメラ機能を起動して写真や動画を撮影し続けているとき、ゲームをしているときなどが上がりやすくなります。これはスマートホンの頭脳にあたる部分に負担がかかっている状態です。

もしも使用中に熱くなってきたと感じたら、一度使用中止して温度が下がるのを待ちましょう。
できるのであればスマートフォンを充電しながら操作することもやめた方がよいでしょう。

バッテリーに負担がかかることにより、本体の温度は上昇することになります。

スマホを夏の車内には放置しないこと!

さらにはスマートフォンを使う環境も非常に重要といえます。
直射日光が当たる場所など周囲の気温が高い場所では、スマートフォン本体が放熱することができなくなってしまい、熱くなってしまいます。
周囲の適正温度は0度から35度とされているため、夏の暑い日に車内に放置することなども危険なのでやめましょう。

スマホの冷蔵は故障を招きます

人間が快適に過ごしている温度の中で使う分には何も問題はありませんが、十分な注意が必要です。
またスマートフォンが熱くなったからといって冷蔵庫に入れたり、保冷剤をあてるなどの対処をする人もいるかもしれません。
しかしこのような急激な冷却は内部を結露させることになり、故障の原因にもつながります。

関連記事一覧