素材の味が深まる燻製づくり

普段何気なく料理の中に取り入れて摂取している食材の風味や食感に飽きてしまったとしても、他の食材から同一の栄養素が摂取できない場合は引き続き食べるしかないのですが、栄養のための義務的な行為になってしまい食事自体が楽しくなくなってしまいます。
そこで、同じ食材を使用しているのにも関わらず普段とは一味違う風味になる上に、素材の本来の味が引き立つ調理の方法として挙げられるのが燻製です。

燻製と言えば専門店などで買い求める物という認識が持たれていたり、専門の道具を所有している拘りを持っている方が嗜む趣味というイメージが強く持たれていますが、
実際は簡単な方法で行う事ができますし対象になる素材も豊富で、ありとあらゆる物が対象になるのでレパートリーが広がります。
ただし、一言で燻製とは言っても維持する温度により名称が違いますし、適する素材にも違いがあるので対象になる食材を見極めながら温度を管理しなければなりません。

大きく分けると冷たい燻製と温かい燻製、熱い燻製の3つに区分されるのですが3つの中で最もチャレンジしやすいのは熱くする方法です。

熱くするというのはその名の通り燻製作りにおいて最も熱い温度に設定する方法の事を指し、素材として用いる代表格が卵であり80度を超える温度で燻す事により燻製卵が完成します。
同様に卵を温めて作る物はゆで卵がありますが、燻製卵はゆで卵とは比較にならない程香りが高く、素材の甘味が高まり白身に至るまで香ばしい香りが楽しめます。
熱くする方法に比べると若干低い温度の30度から80度の間で燻していくのが温かくする方法なのですが、
スーパーマーケットなどで手軽に安価な価格で手に入れられる素材でも高級なベーコンのように仕上がりますし、パンなどに挟んで頂くとパンの甘みも高められます。

熱くする方法と温かくする方法に慣れてきたら別途道具を手に入れて最終的にチャレンジしてみると良いのが冷たくする方法であり、20度程という決して高くない常温に近い温度でじっくりと燻していくと、素材の味が活きたスモークサーモンがいつでも作れるようになります。

関連記事一覧