保険を上手に使って貯蓄する

日本人は世界の中でも1人あたりの貯蓄残高が多い国です。保険も貯蓄型の人気が高く、多くの人が加入しています。

貯蓄型は終身や養老、個人年金など様々なタイプがあります。

終身は一定額の保障が一生続くタイプ。何らかの理由で加入してからすぐに解約すると損をしますが、払込満了時より後に解約することで掛金以上の解約払戻金を得ることができます。
養老は満期までに一定の保障があり、満期になれば補償額と同額のお金が支払われ、掛金の総額よりも多いのが魅力です。

日本では将来の年金生活に不安を感じている人が増え、若いうちから様々な対策を立てる人が多くなってきました。
中でも個人年金保険は人気があり、一定の年齢まで掛金を支払って年金を受取るシステム。個人年金も掛金の総額以上の年金を受取ることができるというメリットがあるようです。
貯蓄型には多くの利点がありますが、将来の安心を手に入れられることは大きな利点のひとつです。

税制優遇制度を受けることもできます。

税金の控除には所得控除と税額控除があり、所属控除は所得の総額から一定の額を差し引きます。
税額控除の場合は税額から一定の金額を支払い、
生命保険控除は所得控除になり、課税額の調整となります。
多額の医療費がかかった場合は医療費控除があり、扶養家族がいる場合は扶養控除があります。
個人年金に加入している場合は保険料の支払額に応じて控除を受けることができ、節税効果が期待できます。

日本では多くの人が分散投資を行っています。

投資信託などの金融商品は運用によって損をすることもありますが、貯蓄型保険の場合は約定のとおりに決まった額を受取ることができます。
一般の金融商品は自由度が高くて人気がありますが、お金を貯めるという面では難しい面もあるでしょう。
貯蓄型の商品だと毎月口座から引き落とされ、貯めやすいというメリットがありますが、途中で解約すれば損をしてしまうデメリットもあります。
しかしお金を貯めるのが苦手な人には、自動的に口座から引き落として貯めることができる商品が向いています。

メリットと共にデメリットを踏まえて行うことが大切です。

満期になる前に解約すると、掛けた金額より少ない金額しか戻ってこないので注意が必要です。
金利の上昇リスクやインフレリスクもあり、
契約した時点で利率が固定されるので、加入したのが低金利のときで加入後に金利が上がった場合は損をする可能性も出てきます。
毎月の負担が大きいと途中で解約する原因にもなるので、無理のない金額で加入することが大事です。
インフレリスクにも注意が必要で、インフレになると実質的な資産額が減ってしまいます。
将来のためにお金を貯めたい場合は、資産形成の仕組みを作ることが大切です。

この機会に生命保険を見直しみては?

収入は限られているので、先取りで貯めてしまうのが無理なくお金を貯める秘訣になります。
余ったら貯金をするという姿勢だと、なかなか目標金額に届かないことが多いのでは…

資産形成の仕組みの中で活用できるのが生命保険です。
家計の中では固定費のひとつであり、定期的に見直すことで有利に資産を増やすことが可能になります。
資産形成に活用しやすい商品には様々なタイプがあり、
商品の数が多いので、どの商品にするか迷う人も多いです。
ホームページなどで商品の詳細を見極め、気になる商品があれば資料を取り寄せたりダウンロードしてしっかり調べましょう。
不明な点があれば電話やメールでも問い合わせしましょう。

関連記事一覧