「リバイブ×アキラ100%」篇が、「平成30年 日本民間放送連盟賞 CM部門」優秀賞を受賞!!

裸とお盆で勝負するアキラ100%が出演した解体業社「リバイブ」のCMが、「平成30年 日本民間放送連盟賞 CM部門」において優秀賞を受賞した。この賞は公共キャンペーンCMなどの受賞が多く、企業広告やタレント出演のCMが受賞するのは極めて稀なこと。YouTubeにも動画がアップされ、半年間で7万回以上の再生回数となった。解体されるビルと、スーツ姿から1枚1枚服を脱ぎ捨てるアキラ100%が見事にシンクロしている。

この受賞を記念して9月20日より、「常滑お笑いEXPO」公式サイトとリバイブ公式サイトにて同CMを3ヶ月限定で公開する。さらに、今年の第2回 常滑お笑いEXPOでは新たにカミナリが出演するリバイブのCM動画を3本制作。このCM動画のうち1本をフェスに先駆けて公開、残り2本も近日公開予定。

<受賞概要>
平成30年 日本民間放送連盟賞CM部門
●CM部門 受賞作品
作品名:企業広告 「リバイブ×アキラ100%」篇
制作 :プロデューサー 村地賢(中京テレビ放送)
    プロデューサー 牧野充裕(CTV MID ENJIN)
    ディレクター  小島英幸(CTV MID ENJIN)
    ドローン撮影  横井章男(リバイブ)
内容 :
人は家を建てるとき、家に自分の夢を反映させます。
では、家を壊すとき、人は何を思うのでしょう
広告主の株式会社リバイブは、ビルなどの解体業社です。
リバイブは言います。解体には建設とはまた違う、人の思いや愛情があると。
内容は、丁寧に服を脱ぐ一人の男が登場。
その様子に、リバイブの丁寧な解体作業風景がシンクロしてゆきます。
男の名は“アキラ100%”。男は脱ぐ事で未来をつかんでいました。
「人も建物も壊した先に未来が生まれる」
産み出すのではなく、失うことで得られる価値。
その様を、脱ぐ芸人で表現するという、攻めに攻めたテレビスポットです。

受賞記念 動画配信  ※3ヶ月限定

常滑お笑いEXPOオフィシャルサイト
http://www.ctv.co.jp/tokoname-owarai/

リバイブYouTube チャンネル「リバイブ×アキラ100%【ミスの許されない仕事 篇】」

関連記事一覧