あの「ケロリン桶」をアートに! 富山×銭湯PROJECT〜ケロリンミュージアム〜』 10/27(土)より北千住・タカラ湯にて開催!

銭湯で芸術の秋を楽しむための、富山県発祥の「ケロリン桶」をモチーフにしたアート作品展『ケロリンミュージアム』を10月27日(土)、28日(日)の2日間、 足立区北千住の銭湯・タカラ湯にて開催

富山県は”銭湯が大好き”という県民性を持っており、人口当たりの銭湯数や入浴時間の長さが全国トップクラス。そんな富山県を全国にPRするべく、富山県にある内外薬品(現:富山めぐみ製薬)の解熱鎮痛剤「ケロリン」の広告が印字された「ケロリン桶」に着目し、「ケロリン桶」をモチーフにしたアート作品を展示する『ケロリンミュージアム』の開催が決定した。「ケロリン桶」と言えば、銭湯には欠かせないアイテムであり、これを使ったアート?!と聞けば、行くしかない。銭湯で芸術の秋を感じることが果たしてできるだろうか!!

『ケロリンミュージアム』には、ケロリン桶と銭湯と富山を愛した前衛芸術家リチャード・ケロリーンの作品が多数展示される。2024個のケロリン桶を使用した代表作「ケロリンピラミッド」をはじめ、初期から晩年までの名作を多数展示。ケロリンミュージアム限定グッズも販売予定!さらに、幻の「ホワイトケロリン」も展示!

コンセプトムービー

ちなみにこのミュージアムに登場する前衛芸術家リチャード・ケロリーンの物語はすべてフィクションらしい。

                富山×銭湯PROJECT~ケロリンミュージアム〜
イベント場所: タカラ湯
イベント日時: 10月27日(土)、28日(日)の2日間。開館時間10時〜18時(17時30分最終入場)
料金: 入場無料 ※イベント当日は入浴できません。
住所: 東京都足立区千住元町27-1 (最寄り駅 北千住駅)

特設サイトURL : http://kerorin-museum.com/

■富山発祥の「ケロリン桶」について
ケロリン桶は、富山県にある内外薬品(現: 富山めぐみ製薬)が製造・販売する解熱鎮痛剤である「ケロリン」の広告が印字された桶。銭湯で子供が蹴飛ばしても、腰掛けにされてもビクともしないケロリン桶は、驚異的な強さから、別名「永久桶」とも呼ばれている。

■イベント実施予定のタカラ湯について
北千住にある銭湯で、日本庭園と薬湯が人気。自慢の日本庭園は、「キングオブ縁側」または「キングオブ庭園」と呼ばれ、ツツジやアジサイ、紅葉など四季折々の花や木々が楽しめ、石燈篭や錦鯉が泳ぐ池を眺める事ができる。
WEBサイト: http://slowtime.net/takarayu/

関連記事一覧