ついに家庭で実現?!やさしく自動で衣類を折りたたみ収納する新しい家具「INDONE」 ASTINAが発表!!

ロボット/IoTデバイス開発事業を手がける株式会社ASTINAは、やさしく自動で衣類を折りたたみ収納する新しい家具、「INDONE(インダン)」のコンセプトモデルを発表。
INDONEは、本体に設置された衣類カゴに乾燥済みの衣類を入れるだけで、自動で衣類を仕分けてたたんで、棚に収納するタンス。
特許出願中の独自のテクノロジーが実装されており、創業以来約20機種以上のロボット・制御機器の開発に携わる中で培われたASTINAのノウハウが詰め込まれている。
家事の負担を減らして家族の笑顔を増やす「新しい家具」!!実用化が待ち遠しい。
2018年10月16日から10月19日まで幕張メッセにて開催される「CEATEC JAPAN 2018」に出展。ブースでは実際に衣類の折り畳み機能を実装したプロトタイプを展示予定。

■INDONEの持つ可能性
衣類の折りたたみ作業は家庭内だけでなく、生産工場や人材不足が深刻な介護業界やアパレル業界、ホテル業界でも多く発生しています。例として、介護施設では1日に200枚以上もの衣類を従業員の方が折りたたんでいます。このような現場にINDONEの技術を応用した機器をご利用いただくことで単純作業にかける時間が削減でき、コストカットに繋がるだけではなく、従業員の作業負担を減らすことで入所者一人ひとりへのサービス品質の向上に貢献できる未来を創造します。

WEB:http://www.astina.co

関連記事一覧