電子ペーパーを起用したSonyディスプレイウォッチ「FES Watch U」に和テイストのデザインが登場!!

江戸文字が未来の時計に!!「真四角」がSony(ソニー)腕時計とコラボレーション!!

Sony(ソニー)発、未来の時計!!
Sony(ソニー)の「FES Watch U(フェスウォッチユー)・FES Watch UL(フェスウォッチ ユーエル)」は、文字盤とベルトが一枚の電子ペーパーでできたディスプレイウォッチ。ボタンを押すだけで柄が変化し、スマホアプリを使えば、個性豊かなクリエイターのオリジナルデザインや、自作のデザインの追加も可能となる。「自分らしく、時を着る。」「気軽に、自分らしく。」と感性のままに、自分らしい表現を楽しむことができる。

侍も、これで時間を確かめた?!
「FES Watch U(フェスウォッチユー)・FES Watch UL(フェスウォッチ ユーエル)」のデザインに、江戸角字にインスパイヤされて生まれた書体「真四角」のコラボデザインが登場。今まであるようでなかった、漢字を使ったモダンなパターンのエッセンスを取り入れたデザインは、ファッションのコーディネートを意識して作られ、コーディネートのワンポイントになること間違いなし。漢字がスタイリッシュになって、より身近なものになって欲しいと願う考えにも沿った、非常に満足のいく3つのデザインに仕上がった。どのパターンも一日が進むにつれ、バンドに時刻の推移を表す古語が表れ、時間が経つのも一つの楽しみとなるデザインになっている。

累(kasane)
細く繊細な線によって表現されたデザインは、モードでモノトーン、シンプルコーディネートに合うデザイン。

華(hana)
インパクト重視のデザインは、カラーコーディネートに負けない存在感でティーンズを意識したデザイン。

圍(kakoi)
唯一時計のような動きを取り入れ、ユニセックスを意識した、オンオフにもコーディネート出来るデザイン。

文字盤の変化は、0から9を漢字で表現、零(0)、壱(1)、弐(2)、参(3)、肆(4)、伍(5)、陸(6)、漆(7)、捌(8)、玖(9)、バンドも時刻とともに古語に変化、暁(4:00-9:00)、白昼(9:00-14:00)、黄昏(14:00-19:00)、晩(19:00-24:00)、夜更(累)・深更(華、圍)(0:00-4:00)、どのパターンも漢字からのジャパンアイデンティティーが漂うデザインになっている。

■Sony(ソニー)腕時計FES Watch U・FES Watch UL×真四角コラボレーション
https://www.ideasketch.jp/client_works/mashikaku-sony

■真四角/Mashikakuとは
2000年代前半からグラフィックデザイナー、アートディレクターとして、広告やウェブ、プロダクトのデザインワークを手がけ、2010年代後半からはアーティストとしても活動している山口真人と、『絶影フォント』で知られるタイプデザイナー、加納佳之によるアートユニット。2人が開発した漢字書体『真四角』をベースに、正方形に対する強烈な美意識と、日本人としてのアイデンティティを追求するアート作品を世に送り出している。

関連記事一覧