ダニエル・クレイグとハル・ベリーが共演!!家族の在り方を問う問題作「マイ・サンシャイン」12月15日公開。

「007」シリーズのダニエル・クレイグとオスカー女優のハル・ベリーが「マイ・サンシャイン」で共演!!
舞台はLA・サウスセントラル。ベリーが演じるミリーは貧しいながらも家族と暮らせない子供たちを育てていた。彼女の愛情のおかげで誰もが居場所を見つけ、家には子供たちの笑顔が溢れていた。

1991年、LAでふたつの大きな事件が起きる。

黒人男性が白人警官たちから理不尽な暴行を受けたロドニー・キング事件と15歳の黒人少女が万引きと、間違えられて韓国系の女店主に射殺されたラターシャ・ハーリンズ射殺事件。
ラターシャ・ハーリンズ事件は保護観察処分と500ドルの罰金という収監なしの判決が下る。人命を奪っておきながら、事実上無罪のような判決に怒りが沸き上がるLAの街。1992年4月、ロドニー・キング事件の公判で、集団暴行をした4人の警官に無罪の評決が出る。黒人が犠牲になったふたつの事件への不当な評決に、街の怒りは頂点に達した。そして、白人と韓国系商店を標的として、LA暴動が勃発する。
暴徒と化した市民が商店から略奪している映像を見て、店に向かう子供たち。小さな子供たちだけが家に残され、ミリーとオビー(クレイグ)は子供たちを守ろうと必死に混乱を極めた街を奔走する。それまでささやかに暮らしていたはずのミリーたちの生活は、LA暴動をきっかけに一変していく。
監督は、第88回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた「裸足の季節」のデニズ・ガムゼ・エルギュベン。


「マイ・サンシャイン」

12/15(土)より
ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、渋谷シネクイントほか全国ロードショー!

出演
ハル・ベリー ダニエル・クレイグ ラマー・ジョンソン カーラン・ウォーカー レイチェル・ヒルソン
スタッフ
監督・脚本:デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン
音楽:ニック・ケイヴ&ウォーレン・エリス

2017/フランス=ベルギー/87min PG12
提供:ビターズ・エンド、パルコ、ポニーキャニオン
配給:ビターズ・エンド、パルコ
© CC CINEMA INTERNATIONAL–SCOPE PICTURES–FRANCE 2 CINEMA-AD VITAM-SUFFRAGETTES

bitters.co.jp/MySunshine
Twitter:@MySunshine_jp

「マイ・サンシャイン」予告編

関連記事一覧