• HOME
  • 記事
  • Hot Contents , Trend
  • 【希少品】惜しまれながらも閉鎖された“ホワイトオーク”工場の商品がここに!サンフランシスコ発のライフスタイルブランド「テイラー スティッチ」で最終実施中!

【希少品】惜しまれながらも閉鎖された“ホワイトオーク”工場の商品がここに!サンフランシスコ発のライフスタイルブランド「テイラー スティッチ」で最終実施中!

ファストファッションとは一線を画し、「本物にこだわったストーリーがある服づくり」として定評あるサンフランシスコ発の「テイラースティッチ」。毎シーズン、高感度でハイクオリティなアイテムを取り揃え、メンズファッション誌等で注目を集めている。
昨冬、惜しまれながらも閉鎖された、コーンミルズ社のホワイトオーク工場。そこで作られていた特別なセルビッジデニムを使ったアイテムを、TAYLOR STITCHで販売。

このコーンミルズ社が織り上げた13.5オンスのデニムこそ、アメリカンデニムの最高峰。糊の量を最小限に抑え、ロウ・デニムでありながら、手に取った瞬間から着心地が良く、徐々に風合いも変化。本物のヴィンテージへと変貌を遂げていく。細部にわたる丁寧な作りのおかげで、それぞれのジャケットが自分にとって価値あるものだと実感させてくれるはず。往年の銀幕スター、スティーブ・マックイーンが着ていたような、美しく色落ちしたトラッカー・ジャケットを彷彿とさせる一着がここにある。

デニムマニア必見の、二度と手に入れることができないアイテムをテイラースティッチで販売中。この機会を逃すと今後入手は困難となると、ファッション界としても貴重な限定デニムを、是非お早めにチェックしてほしい。

TAYLOR STITCHで販売中の、ホワイトオーク工場で作られて商品はこちら
https://www.taylorstitch.jp/search?type=product&q=extra-rare

テイラー スティッチ

2008年サンフランシスコで創業し、カスタムオーダーシャツからスタートした「テイラー スティッチ」。素材や縫製技術にもこだわり、着心地の良さや丈夫さを実現する本格的な服づくりに高い評価を得ている。
創業者は、当時20代だった3人の若者。
彼らがサーフィンやスケートボード、フライフィッシングや自転車などを楽しむことが、アウトドアシーンでも街でもフィットするデイリーウエアを展開するきっかけとなった。
クラウドファウンディングでの商品開発やエコロジカルな服づくりなど時代を先取りした取り組みで、アメリカ西海岸のファッショニスタたちから支持を集めている。
https://www.taylorstitch.jp/

関連記事一覧