• HOME
  • 記事
  • Column G , IT
  • アカウントを作り直さなくても大丈夫! Veroでアカウント停止になったときの対応方法

アカウントを作り直さなくても大丈夫! Veroでアカウント停止になったときの対応方法

以前取り上げられているVeroですが、アカウントが停止されるという事案が結構あるようです。
過激な画像を掲載したことが原因のようです。
誰もが見ることができる公開範囲では、過激な画像はNGとのこと。特に裸や卑猥なイメージを匂わすものはNGであるようです。

ちなみに、教育的な資料としての画像や、芸術作品としての画像であるならば、掲載はOKとのことですので、その点を踏まえて掲載をするというのも一つの方法です。

つながりのコミュニティ内では、どの公開レベルにおいても掲載は自由のようですので、「自由な画像掲載」を目的とするならば、つながりのコミュニティ内で楽しむのが良いかと思います。

実際に、アカウントを停止されたときの状況を紹介したいと思います。
アプリを起動するとログイン画面になり、ログイン情報を入力しますが、このIDは消されました。という案内が英語で出てきます。
このメッセージを知って、新しくIDを作成するユーザーが多いようですが、ここで慌てる必要はありません。

登録したメールアドレス宛に、アカウントを停止した旨のメールが届いていると思います。
つまり、IDは削除されておらず、まだ残っています。メールには今回アカウントを停止した理由が書かれており、Veroを使用するに至ってのルールが書かれているサイトへのリンクが貼られています。
そして、ここか重要ですが、もし、アカウントをまた利用したいのであれば、その旨をメールで返信して下さい。と書かれています。

つまり、そのメールにもう一度利用したい旨のメールを送ればアカウントは復旧することができるのです。

だいたいメールを送って24時間ぐらいでアカウント復旧の手続きが完了した旨のメール届きます。

その際に、今回NGであると判断した画像などは消されています。再度アップする際はつながりの公開範囲でアップロードしてみて下さい。

関連記事一覧