富士山のふもとで行われる年内最後のスカイランタン祭り、山梨県富士吉田市で12月22日(土)開催。

平成30年12月22日(土)に山梨県富士吉田市後援のもと、「第2回 富士吉田スカイランタン祭り」を開催。クラウドファンディングを通じて地域の新たな風物詩を目指す。世界各地で人気急上昇のランタン祭り。スカイランタンに祈りを込めて参加者全員一斉が空に飛ばす光景は映画のワンシーンのようで、女性から特に大人気で、近年は日本でも新潟・長崎・岡山など日本各地で開催されている。
山梨県富士吉田市では2017年に第1回目を実施。富士吉田市の特産物である織物をテーマに、地元の飲食店による出店・焚き火エリア・キャンプテントを活用した交流スペースを設置し、地域の魅力を楽しめるフェスのような1日を用意。第1回目は市内外より約3,000人が来場し、200個のランタンが空を舞った。

目指すは新たな冬の風物詩、「白い富士山を背景に舞うランタン」を恒例行事に

春は桜まつり、夏は火祭り、秋には織物が主役のハタオリマチフェスティバルなど。富士山のふもとでハツラツと生きる富士吉田市には、地域外からも人が訪れるような活気溢れる伝統的な祭りが数々存在している。しかし、彼らの中では冬の特徴を活かした祭りはいまだに創出できていないという。
今回、第2回目の開催となるランタン祭りを成功させることで富士吉田市に新たな冬の風物詩を確立させたい、という想いが地元にあり、地域の人にとってもそこから来る人にとっても満足度の高いイベントを作ることで、このスカイランタン祭りを富士吉田市に根付くものに繋げていくのが今年度のゴールとなる。


出店、クラウドファンディングのリターン品は地元会社と連携
当日は道の駅 富士吉田にて開催。会場には地元の飲食店が出店を予定し、クラウドファンディングにて参加者を募集。リターン品も地元の織物会社と連携しプランを作成し、さらに会場やランタンに織物を掛け合わせた装飾をなすことで、地域独自の色が詰まった1日を企画している。行政・地元民・都内企業と一体となってランタン祭りを通じ、地域活性を目指している。

クラウドファンディングURL: https://camp-fire.jp/projects/view/107406
目標金額:2,000,000円
リターン(返礼品)一例:
・¥5,000 スカイランタンLED1個 …400名様
・¥3,900 応援+富士吉田の名産プラン…10名様
・¥37,000 スカイランタンLED+ ウールアルパカブランケット…1名様

富士吉田市の織物会社からのリターン品
・ブックカバー(光織物有限会社)
この秋、新発売のブックカバー。「大人読書」を引き立てるデザインです。大切な本をより一層素敵なものにして、読書の時間をお楽しみいただけます。
・ウールアルパカブランケット(Watanabe Textile)
ウールアルパカ糸をふんだんに織り込んだWatanabe Textileオリジナルのブランケット。織り方を工夫し、端の方に薄く光沢感のある真っ白なキュプラを無縫製でつけることで、モコモコとしたプリミティブな雰囲気の中に繊細な印象を与えている。織りから仕上げまでをすべて自社。
・ウールブランケット(Watanabe Textile)
よこ糸にウール、たて糸にコットンの種のまわりにある産毛で作られた細く繊細な糸キュプラを使用したWatanabe Textileオリジナルのブランケット。ふっくらとした優しい肌触りで、とても軽やかなのでショールとしてもお使いいただけます。織りから仕上げまでをすべて自社。
第2回 富士吉田スカイランタン祭り

・日時:2018年12月22日(土)
・時間:15:00〜18:00
※ランタンは17時前後を予定。日没時間確定後、参加メールにてお伝えします。
・場所:道の駅 富士吉田(富士山駅よりバス15分/都内より公共交通で約2時間)
・費用:無料(スカイランタンは有料)
・後援:富士吉田市役所
※当日は沢山の来場が見込まれるため混雑が予想されます。会場にはお早めにお越しいただき、公共交通をご利用する場合は余裕のある計画をお願いします。
※周辺駐車場含め計1,000台まで駐車可能。ただし一般利用者も利用のため、混雑の可能性あり。
※キャンセルによる返金は原則受け付けておりません。雨天など天候によるイベント中止となった場合は、支援金額より1,000円差し引いた額を返金いたします。

<当日のコンテンツ予定>
・地元飲食店/織物ブースによる出店
・焚き火ブース
・ハタオリによるアート展示

【会社概要】
会社名:株式会社WHERE
HP:http://whereapp.io

関連記事一覧