ダイハツから人気の軽スポーツカー「コペン クーペ」が200台限定で発売!

ダイハツは、軽スポーツカー「コペン クーペ」を200台限定で発売する。東京オートサロン2019に市販予定車として出展するとともに、2019年1月11日(金)から専用WEBサイトで商談希望者の募集も開始。生産、納車は2019年4月以降を予定している。

コペンは「感動の走行性能」と「自分らしさを表現できるクルマ」を、新骨格構造「D-Frame」、内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」の採用により実現した軽オープンスポーツカーであり、2014年6月に発売した「コペン ローブ」に加え、「コペン エクスプレイ」、「コペン セロ」の趣向の異なる3つの意匠を発売している。さらにダイハツのファンづくり活動である「LOVE LOCAL by DAIHATSU」活動を牽引し、ダイハツブランドのイメージ向上にも寄与してきた一台である。
今回発売する「コペン クーペ」は、東京オートサロン2016に出展したコンセプトカーを商品化したもの。「コペン セロ」をベースに、CFRP製のハードルーフを装着した本格クーペスタイルの商品であり、エレガント&エモーショナルなデザインをテーマに、ルーフからトランク、リヤエンドまでが一体となった流麗なエクステリアが特長となっている。
さらに来年度は、現行モデルの発売5周年を迎えるコペンをさらに盛り上げていく。まずは東京オートサロン2019に、「コペン クーペ」に加え、新たなテイストを提案する「コペン セロ スポーツプレミアムバージョン」を出展する。
コペン クーペの概要

<デザイン>
・エレガント&エモーショナルをテーマとした、ルーフからトランク、リヤエンドまでが一体となった流麗なエクステリアデザインが特長のスポーツクーペ

<仕様・装備>
・数量限定車として、1グレードで4つの仕様を設定
・ハードルーフには軽量で丈夫なCFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastic)素材を採用し、開閉式のガラスハッチから荷物の出し入れが可能
・MOMO製革巻ステアリングホイール(CVT車はパドルシフト付)を標準装備
・コーナリング時の安定性を高めるフロントスーパーLSD(Limited Slip Differential gear)を標準装備※1し、走行性能を向上
・BBS製の鍛造アルミホイールを標準装備
・世界初※2となる曇りにくいガラス(防曇コート付フロントガラス)「eXeview®※3」を採用
・数量限定車として、シリアルナンバーを付与

※1:MT車にのみ設定
※2:視界領域への採用として世界初。2018年12月19日時点。ダイハツ調べ
※3:eXeview®はAGC株式会社の登録商標

<ディーラーオプション>
・コペン クーペ発売を機に、HKS社とのコラボレーションによるスポーツマフラー、サスペンションキットをディーラーオプションとして新設

<応募方法と期間>
発売台数 200台限定
応募期間 2019年1月11日(金)14:00~2月11日(月)18:00
応募方法 特設WEB応募ページ(Copen.jp内スペシャルサイト)
URL: https://coupe.copen.jp/
※200台を上回る応募があった場合は、抽選となる
商談期間 2月下旬以降に販売会社にてご商談、注文(予定)
生産・納車時期  2019年4月以降を予定

【コペン参考価格(消費税込み)】
コペン ローブ価格帯   :1,852,200~2,073,600円
コペン エクスプレイ価格帯:1,852,200~2,073,600円
コペン セロ価格帯    :1,906,200~2,127,600円

関連記事一覧