スタジオジブリ作品「千と千尋の神隠し」とアルバのコラボレーション限定モデルが発売!

セイコーカジュアルブランド<アルバ>から、スタジオジブリ作品「千と千尋の神隠し」とのコラボレーション限定モデル(14,000円+税)が、1月25日(金)より発売!限定モデルは、シルバーフェイスと、ブラックフェイスの2機種で、それぞれ500本と700本の数量限定発売となっている。

■映画「千と千尋の神隠し」に登場するモチーフがぎっしり詰まったデザイン
映画に登場する印象的なキャラクターである「カオナシ」が、文字板中央に描かれ、ルミブライト(高輝度蓄光塗料)でプリントされているので、暗いところでは「カオナシ」が光って浮かび上がる。インデックスと針は、千尋たちが最初に訪れた不思議の町の時計台がモチーフ。「大字」の数字表記により和モダンのユニークなデザインに。中央から円を描く型打ち模様は、水の波紋を表現。

ストラップの裏には、竜の姿になったハクが描かれており、表には油屋の「油」のマークが刻印されている。

裏ぶたには、「千と千尋の神隠し」の映画タイトルと、数量限定モデルの証である「0001/500(700)~500(700)/500(700)」のシリアルナンバーを刻印。 夜空に浮かび上がる時計台を描いたスペシャルボックス入り。

【商品仕様】
防水性能:日常生活用防水
ケースサイズ:[外径]36.00mm(りゅうず部含まず) [厚さ]6.4mm 
アフターサービス:メーカー保証 保証期間1年間
【共通ムーブメント仕様】
クオーツムーブメント:VJ21
時間精度:平均月差±20秒(気温5℃~35℃において腕に着けた場合)
電池寿命:約3年
アルバ公式Webサイト
https://www.alba.jp/

千と千尋の神隠しについて
ひ弱で不器用な少女・千尋は現代に生きる普通の女の子。両親とともに車で引っ越し先の家へと向かう途中で「不思議の町」に迷い込んだ。店のカウンターにあった料理を勝手に食べた両親は、豚の姿に変えられてしまう。ひとりぼっちになってしまった千尋は、名を奪われ「千」と呼ばれるようになり、その町を支配する魔女・湯婆婆(ゆばーば)の下で働き始める。千尋は働きながら、様々な出来事に遭遇しつつも、ハクや同僚のリン、釜爺(かまじい)らの助けを借りて、厳しい試練に立ち向かっていく。
© Studio Ghibli

関連記事一覧