「つくる」と「たべる」を一つにする。 町工場が作る鉄フライパン「ジュウ」新発売。

クリエイティブユニットTENTと大阪の小さな町工場 藤田金属株式会社がコラボレーション。“お皿”のような佇まいの”鉄フライパン”を作りました。

プロダクトデザインを中心に活動する株式会社テント(東京都目黒区)は、「自分で作って自分で食べる」「仲間と作って仲間と食べる」そんな DIY な暮らしを楽しむ人に向けた、新しい発想の鉄フライパン「ジュウ」をリリース。
 360 度どこからでもスムーズに着脱できるスライド式ハンドルにより、収納しやすさと調理しやすさを両立。さらに独自のリム形状はそのまま食卓に出しても違和感のない「お皿」のような佇まいを実現しています。厚手の鉄板を使っているので、外はカリッと中はモチモチ、簡単に美味しく調理できます。
2種類のフライパンサイズ(調理に使う部分の直径20cm と直径 16cm)と2種類のハンドル樹種(ビーチとウォルナット)から、自由な組み合わせが可能です。
そのお皿 、実は高品質な鉄フライパンです。
大阪の小さな町工場藤田金属株式会社と、東京の小さなデザイン事務所 TENT が一緒に試行錯誤を繰り返し、ようやくたどり着きました。「つくる」と「たべる」を一つにする。町工場が作る鉄フライパン。 フライパン「ジュウ」です。
片手で着脱。独自のスライド式ハンドル
鉄フライパン「ジュウ」のために、軽くスライドするだけで着脱できる専用ハンドルを開発しました。山形県天童市で作られた無垢の木材と、スライド機構の軽快な動きで、使うたびに嬉しくなる気持ち良さを実現しています。
そのままお皿として食卓へ。
お皿のような佇まいなので、焼いたらそのまま食卓へ。食器への移し替えが不要なので料理が冷めてしまうこともありません。食べ終わったら、洗剤を使わずに水とタワシでこするだけ。後片付けも簡単です。
小さな町工場だからできた試行錯誤。
フライパン「ジュウ」は、大阪の小さな町工場で作られています。1951 年の創業以来、ひたすら鉄フライパンを作り続けた確かな技術と、家族で営む工場ならではの試行錯誤できる環境が、そこにはありました。
 
より詳しい情報は下記URLからどうぞ
https://jiu10.com/

関連記事一覧