• HOME
  • 記事
  • Food , Hot Contents
  • あごが落ちるほど美味しい「あごだし」を使っただし醤油がキッコーマンから2月4日発売!「いつでも新鮮あごだししょうゆ」

あごが落ちるほど美味しい「あごだし」を使っただし醤油がキッコーマンから2月4日発売!「いつでも新鮮あごだししょうゆ」

“だし”と言えば、かつお節や昆布、椎茸や煮干しが思い浮かぶのではないでしょうか?最近、スーパーなどのだしコーナーに「あごだし」の表示がある商品を目にすることが増えてきました。あごだしは今や「第3のダシ」とも呼ばれるほど人気を集めています。

あごだしの原料はトビウオ。あの海上を飛び跳ねるように泳ぐ魚です。
トビウオは、他の魚より雑味の原因になる脂肪分が少ないといわれ、スッキリとした味わいのだしをとることができるようです。そこから「あごが落ちるほど美味しい」から呼び名がついたという説もあるとか。“あごだし”は、淡く透き通った、上品な味と香りが特徴のだしで、もともと九州エリアで根付いていたようです。

キッコーマンから国産100%の焼きあご(*1)からとっただしと、当社独自の“発酵だし”をブレンドした「キッコーマン いつでも新鮮(R) あごだししょうゆ」が2月4日に全国発売されます!うすくちしょうゆをベースに上品な味わいでほのかな甘みのあるだししょうゆに仕上がっています。

“発酵だし”は、かつお節とおから(大豆由来)を麹の力で発酵させ、それぞれに含まれるたんぱく質を、うま味やコクのもととなるアミノ酸やペプチド(*2)といった成分に分解してつくられます。“発酵だし”によって、化学調味料を使用せずに、うま味を引き立たせました。食塩分も25%カット(*3)。炊き込みご飯や卵焼き、浅漬けや和風パスタなどの調理メニューを、素材の色を活かしながら風味良く仕上げられます。また、野菜のお浸しや卵かけごはんなどのつけ・かけにもおすすめ。

(*1)“あご”は“とびうお”の別名です。“あご”という呼び方は、九州や日本海側で一般的に使われています。
(*2)ペプチドとは、タンパク質を分解して得られる、アミノ酸がいくつかつながった成分です。
うま味やコクの元となります。
(*3)こいくちしょうゆ(食塩分17.1%:日本食品標準成分表2015による)と比較して

キッコーマン いつでも新鮮 あごだししょうゆ
内容量:330mlボトル
希望小売価格:340円

関連記事一覧