• HOME
  • 記事
  • Culture , Hot Contents , Movie
  • 冬ラブソングの名曲『雪の華』を大人のための最高のラブストーリーとして映画化! 東京―フィンランドを舞台に、余命1年、最後の恋に涙するー。

冬ラブソングの名曲『雪の華』を大人のための最高のラブストーリーとして映画化! 東京―フィンランドを舞台に、余命1年、最後の恋に涙するー。

『雪の華』2月1日(金)全国ロードショー 主演:登坂広臣・中条あやみ

2003年にリリースされ、冬の名曲となった中島美嘉の「雪の華」。国内外のアーティスト100組以上にカバーされたこの曲を元に映画が製作された。主演は三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのボーカルを務める登坂広臣とさまざまなキャラクターを演じ、実力派若手女優として注目を集める中条あやみ。
メロウなメロディに乗せたストレートな歌詞が”愛”の温度を高めていく「雪の華」の世界観をどんなふうに映画化されるのかとても楽しみなところ。
2019年1月30日には15周年を記念した企画ベストアルバム『雪の華15周年記念ベスト盤「BIBLE」』も発売。

幼い頃から病気がちで、ついに余命1年を宣告された美雪(中条あやみ)。
彼女の夢は2つ――1つは両親が出会った〈約束の地〉フィンランドでオーロラをみること。そしてもう1つは、最初で最後の恋をすること。
ある日、ひったくりにあった美雪はガラス工芸家をめざす青年・悠輔(登坂広臣)に助けられる。悠輔が男手ひとつで妹弟を育てていること、そして働く店が危機になっていると知った美雪は、「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月、私の恋人になってください」と持ちかける。何も知らないまま“期間限定”の恋に応じる悠輔だったが・・・。
かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気をあたえて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。
東京―フィンランド。切ない想いに涙が溢れる、初雪の日に出会った2人の、1年のラブストーリー。

悠輔役を登坂、美雪役を中条が演じ、田辺誠一、高岡早紀、浜野謙太らが脇を固める。舞台となるフィンランドでもロケを行い、撮影された。
監督は「羊と鋼の森」「orange オレンジ」の橋本光二郎。「いま、会いにゆきます」「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の岡田惠和が脚本を担当。

映画「雪の華」
http://wwws.warnerbros.co.jp/yukinohana-movie/

CAST&STAFF
登坂広臣 中条あやみ
高岡早紀 浜野謙太  箭内夢菜/ 田辺誠一
主題歌:中島美嘉「雪の華」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
監督:橋本光二郎 脚本:岡田惠和 音楽:葉加瀬太郎
製作:映画「雪の華」製作委員会 企画・制作プロダクション:エー・フィルムズ
配給:ワーナー・ブラザース映画 ©2019映画「雪の華」製作委員会

関連記事一覧