• HOME
  • 記事
  • Hot Contents , Travel
  • 琉球の誇り首里城“奥”の世界「御内原エリア」が ついに2月1日開園! プレオープン期間(1/28~31)は無料開放&イベント開催

琉球の誇り首里城“奥”の世界「御内原エリア」が ついに2月1日開園! プレオープン期間(1/28~31)は無料開放&イベント開催

琉球王国の政治、外交、文化の中心として威容を誇った首里城。
その役割から、3つの空間があることをご存じですか?
一つは正殿・御庭などを中心とした「行政空間」、二つ目は聖地として崇められた京の内を中心とした「祭祀空間」そして今回新規開園となるのが三つ目の国王とその家族、女官達が生活した御内原(おうちばら)と呼ばれる「生活・儀礼空間」です。

淑順門

女官居室

世誇殿

首里城公園は、平成4年に復元公開された首里城 正殿をはじめ順次公開エリアを広げ、平成31年2月1日より、新たに「御内原(おうちばら)エリア」等の首里城「奥」の世界がついに開園。今回、「御内原」の開園により、これまで立ち入ることが出来なかった三つ目の生活・儀礼空間を楽しむことができます。
それに先駆け、平成31年1月28日~31日までの4日間、新規開園エリアのを無料開放。イベント等も開催予定となっています。

二階御殿

白銀門

寝廟殿

東(あがり)のアガサから

美福門

継世門

【首里城公園 御内原エリア等開園 プレオープン】
日時 :平成31年1月28日(月)~1月31日(木)
入場口:淑順門より無料開放
※正殿等は通常どおり有料となっております。
※詳細はホームページで
首里城公園ホームページ
http://oki-park.jp/shurijo/

■御内原とは
正殿の東側一帯は「御内原」と呼ばれ、国王とその家族、そこに仕える多くの女性が暮らす男子禁制の場でした。正殿を境に、西側が政治や外交を中心とした世界であったのに対し、ここは女性がすべて取り仕切るいわば「奥」の世界だったのです。本エリアには、城郭の東側に築かれた場内で最も高い物見台「東(あがり)のアザナ」があり、首里や那覇の街のみならず東シナ海を望むことができます。天気が良い日には東は久高島、西は慶良間諸島を見渡すことができる美しい風景が堪能できます。琉球にも”大奥”があったということでしょうか。

関連記事一覧