TM NETWORKデビュー35周年の記念日の2019年4月21日(日)に、全国14都市の映画館にて、一日限定TM NETWORK生誕祭開催決定!

94年の解散公演の映像を全35曲、最新5.1ch HDリマスタリング!約5時間30分に及ぶ[一挙見]イベント。10万人に別れを告げた、東京ドームから四半世紀。FANKSは、全国の劇場に集合!2月15日より、チケット先行受付開始!

1994年4月21日。小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登による黄金ユニット“TM NETWORK”デビューからちょうど10年となるこの日、第一段階(ファースト・ミッション)の目的と到達点をクリアしたという理由から、3人のメンバーのメッセージとともに「TMN終了」が突然発表された。この「終了」宣言と同時に発表されたのが、10年間の集大成であり、活動第一段階の最終公演である『TMN 4001 DAYS GROOVE』5月18日・19日、東京ドームでの2日限定公演である。4月29日、両日で10万枚のチケットが発売され即日完売。

それから25年後の今年4月21日(日)、デビュー35周年の記念日にその解散コンサート映像を全国14都市24箇所の映画館にて一日限定プレミア上映されることが発表された。TMN伝説の解散コンサートを捉えたライヴ・フィルム『TMN final live LAST GROOVE 5.18 』『TMN final live LAST GROOVE 5.19』を2作連続全35曲/約5時間30分に渡って一挙上映。日本中を一大ムーヴメント化し、音楽史に名を残した『小室サウンド』の源流がここにある。その斬新かつ鮮麗されたTMN・サウンドやパフォーマンスは、25年が経過した今も音楽界に多大な影響を及ぼしている。

チケットぴあにて先行受付開始。【プレリザーブ(抽選)】全国の映画館で、1994年のアノ東京ドームにタイムスリップ!東京ドームにいた10万人も、そして後からTMNを知った動くTMNを知らないファンも、日本全国同時刻で、TMNのライヴを疑似体験することができる。

TM NETWORKデビュー35周年記念祭!ライヴ・フィルム『TMN final live LAST GROOVE 1994』(5.1ch HDリマスター版)一日限定プレミアム上映 #110107eiga
日時|4月21日(日)
開映|15:30     
※開場時間は、映画館によって異なります
前売券|5,500円(全席指定/税込)

【先行受付(抽選)】
2019年2月15日(金)12:00~3月12日(火)23:59

◎チケットぴあ:プレリザーブ(抽選)
URL|http://w.pia.jp/t/tmnlastgroove/ 

※入場者プレゼント付
※前売券は、ムビチケではございません。    
※当日券は、一般発売終了後、残席のある場合のみ4/20(土)より各上映劇場にて販売となります。
※当日券は、+1,000円増し
※TOHOシネマズ新宿のみ、本編上映前に登壇の予定。(登壇者未定。後日発表予定)
※ペンライト、ケミカルライトなどもお持ち込みいただけますが、ご使用の際は、他のお客様へのご配慮をあわせてお願いいたします。著しくまぶしい高輝度タイプ(大閃光やウルトラオレンジ等)や改造サイリウムなど、または、光量が強く明る過ぎたり、長すぎる、点滅など鑑賞の妨げとなったり危険と思われる物のお持ち込みやご使用を中止させていただくこともございます。
2019年/日本/DCP/4:3/5.1ch/約315分予定(途中休憩を含む。※TOHOシネマズ新宿の登壇の時間は含まれておりません。)

■TM NETWORK/TMN
小室哲哉(Key)、宇都宮隆(vo)、木根尚登(g)による日本の3人組ロック・ユニット。前身バンドのSPEEDWAYを経て、1984年に「金曜日のライオン」でデビュー。シンセサイザーを大幅に導入した新世代ロック・バンドとして注目を浴びる。小室が渡辺美里に楽曲提供してヒットを飛ばすかたわら、87年に「セルフ・コントロール」「ゲット・ワイルド」などの大ヒットでブレイク。90年にTMNと改名し、メジャー・デビュー10年目となる94年に“終了”宣言。99年、TM NETWORKとして再始動。2014年4月にデビュー30周年を迎える。同年10月、約7年ぶりとなるアルバム『QUIT30』を発売した。

[劇場版CITYHUNTER エンディングテーマ]
「Get Wild」TM NETWORK

『劇場版CITYHUNTER <新宿PRIVATE EYES>』大ヒット公開中
©北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

《主催・企画・配給》 ソニー・ミュージックダイレクト
110107eiga. 公式サイト  http://www.110107.com/110107eiga
Ⓒ2019 Epic Records Japan.All rights reserved.

関連記事一覧