10,724作品の応募の中から第3回ゆいごん大賞「ゆいごん川柳」選考結果発表!

遺言の大切さや必要性を広く社会に向けて周知することを目的に、日本財団が、2018年12月3日から2019年1月5日にかけて「ゆいごん川柳」を募集し、このたび入賞作品が決定した。
今年で3回目となる「ゆいごん川柳」には10,724作品もの応募があり、その中から日本財団と全日本川柳協会の選考により、大賞1作品、入賞3作品、佳作6作品の計10作品が決定。大賞・入賞に選ばれた4作品は、2019年3月4日より数量限定(無くなり次第終了)で、東京・名古屋・大阪の3都市の三省堂書店、紀伊國屋書店、リブロ各店舗にて、書店しおりとして配布される。

コンテスト概要
日本財団は、「遺言」に関する正しい理解を促し、人生の最期について大切な人と話し合うきっかけをつくろうと、1月5日を「遺言(ゆいごん)の日」と定めています。この日にあわせて募集したのが「ゆいごん川柳」です。
■応募期間:2018年12月3日(月)~2019年1月5日(土)
■選考:日本財団と全日本川柳協会による選考
■入賞賞品:ゆいごん大賞(1作品)10万円、入賞(3作品)3万円、佳作(6作品)1万円
■応募総数:10,724作品(Web応募8,510作品・郵送応募2,214作品)

<大賞>

あわてずに ゆっくり来いと 妻に宛  (茶唄鼓/ちゃかどん    広島県)
(講評)自分の死期を予測し遺言を書いたのでしょう。黄泉から妻に呼びかけているような作品です。ゆっくりだから僕が亡くなっても「長生きしてほしい」との思いやりが感じられる。このような遺言は珍しいです。お金や財産、資産についての遺言が多い中で、妻だけに送る人間愛が感じられる作品です。ひと味違った遺言だと思います。

<入賞>

下書きを 妻に見つかり 書き直す (本間 奏 兵庫県)
(講評)遺言は誰もいないところで書くもの。どんな理由かわかりませんが、妻にその下書きが見つかった。慌てて書き直したところを見ると、文の中身はさぞかし妻にとって満足なものではなかったのでしょう。

遺言の 父の癖字が 愛おしい (イナバウアーの白兎  千葉県)
(講評)遺言を見て、父さんの癖字だとありありとわかる文字でした。思わず愛おしさが溢れてきたのでしょう。左肩上がりや丸字などその人の癖は直らないそう。これは確かに本人の書いたものだとの証しにもなります。

遺言を 書いた私が 生き残り (伊藤 進 山形県)
(講評)遺言は先に逝く人が残る人に書き残すものです。その遺言を書いた人が生き残った。逆の状態となったケース。このような状態はあまりないと思いますが、こんな例もあるということかもしれません。

<佳作>

・遺言に 無口な父の こころ知る           (西 みなみ 神奈川県)
・ゆいごんで 初めて知った 親心            (シャイン・マスカット 山梨県)
・五輪見て 万博行ってから書くよ           (となみ 埼玉県)
・遺産分け ケンカするなら 寄付するぞ   (髙木 直子 東京都)
・遺言を 書いて自分の本音知る              (ひよどり 北海道)
・少しだけ 我が儘入れて 夢託す           (月日備人 神奈川県)

第3回ゆいごん大賞「ゆいごん川柳」特設サイト
https://www.koubo.co.jp/system/contest/yuigon2018/result/

関連記事一覧