• HOME
  • 記事
  • Hot Contents , Travel
  • ワコールがプロデュースする京町家宿『京の温所(おんどころ) 麩屋町二条』が御所南エリアに2019年3月30日オープン

ワコールがプロデュースする京町家宿『京の温所(おんどころ) 麩屋町二条』が御所南エリアに2019年3月30日オープン

2019年3月30日(土)に京町家をリノベーションした宿泊施設『京の温所 麩屋町二条(ふやちょうにじょう)』がワコールのプロデュースにより京都・御所南エリアにオープンします。

ワコールが展開する宿泊施設「京の温所」の4軒目となる『京の温所 麩屋町二条』は、京都御苑に近く、市内観光の起点としてもアクセスの良いエリアに位置。
築約150年2階建ての京町家をリノベーションし、住まいとして考えられた空間には、暮らすようにその土地に親しみ、京都に滞在する喜びへとつながる様々なアイデアが盛り込まれています。

“おくどさん(かまど)”を残し、湯気を逃がすための吹き抜け“火袋”を活かした設計のキッチンは昔ながらの京町家の面影を感じさせます。そのキッチンと一体化したダイニングには8人が座れる円形のテーブルがあり、壁一面には唐紙を使い伝統的な技法で表現された「野田版画工房」の現代アート作品が印象的に飾られています。

冬でも快適に過ごすことができる掘りごたつ式の和室やフローリングのベッドルームのほかに、“炉”や“躙り口(にじりぐち)”を設えた茶室として使える和室もあり、現代の生活に寄り添いながらも“日本の伝統文化が息づく宿”です。

また、『京の温所 麩屋町二条』の家具は、選び抜いた木材を使い、熟練の職人の手でつくられた「カリモク家具」のもの。ダイニングにある円形テーブルと和室の座卓は『京の温所 麩屋町二条』のために設計したオリジナルで、無垢材ならではの美しい木目とぬくもりを、見て、触れて、感じることができます。

◆『京の温所 岡崎』

2018年4月開業 定員6名

平安神宮のほど近くで、市内観光にもアクセスの良い岡崎エリアの築約90年の京町家をリノベーション。1階には掘りごたつのある和室や、四季を感じられる坪庭も。

◆『京の温所 釜座二条』

2018年8月開業 定員4名

二条城東エリアの築150年(推定)の京町家をリノベーション。minä perhonen(ミナペルホネン)デザイナーの皆川明(みながわ あきら)氏がディレクションを、建築家の中村好文(なかむら よしふみ)氏が設計を担当。庭を望むライブラリーには幅 允孝(はば よしたか)氏が選書した約200冊の蔵書も。

◆『京の温所 御幸町夷川』

2018年11月開業 定員4名

御所南エリア数寄屋意匠が色濃く残る築90年の京町家をリノベーション。
キッチンには清水焼の茶碗をはじめ、コーヒーミルやアンティークのカップなど、様々な“飲む”ための道具や茶器を備えた、上質でモダンな茶房のような宿。

※「京の温所(おんどころ)(Kyo no Ondokoro)」は、株式会社ワコールの登録商標です。

関連記事一覧