• HOME
  • 記事
  • Culture , Hot Contents , Movie
  • 全編シニカルでブラック!斎藤工がふんどし姿で大暴れ!平成最後の最も危険な【センセーショナル・コメディ】『麻雀放浪記2020』4月5日(金)公開予定!?

全編シニカルでブラック!斎藤工がふんどし姿で大暴れ!平成最後の最も危険な【センセーショナル・コメディ】『麻雀放浪記2020』4月5日(金)公開予定!?

2018年公開の白石和彌監督『孤狼の血』は、日本アカデミー賞で最優秀監督賞にノミネート、主演男優賞、助演男優賞を獲得。仁義なき戦いを彷彿させる任侠映画の魅力を放つ作品として高い評価を得ました。「『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の」という枕詞に新たに『孤狼の血』が加わることになる話題の監督白石和彌の新作が4月5日に公開されるはず(?!)

なにせこの『麻雀放浪記2020』、試写会を開催したら、秋元司環境副大臣から、東京五輪が中止になるという映画の設定について、「五輪競技が多く開催される江東区の出身者として腹立たしい」とクレームを受け、「公開中止?」みたいなニュースになるほど内容がぶっ飛んでるらしいのです。平成最後の最も危険な【センセーショナル・コメディ】となることは間違いなさそうです。

『麻雀放浪記』は、かつて和田誠監督にも映画化(1984年)され、今や250万部を超える大ベストセラー。そのスピリッツを受け継ぎ、大胆に独自のとんでもない進化を遂げました。
今を生きる私たちは本当に“自由”なの?一世一代の大イベント東京■■■ピック2020を控えた平成最後の春、どんな過去も未来も、永遠に変わらない自由への渇望が、時にシニカルでブラックな笑いと共に、感動的に迫る。すべてにおいて、既成概念を破壊する新時代の日本映画が始まる予感。

ストーリー
主人公・坊や哲がいるのは、2020年の“未来”。
なぜ?人口は減少し、労働はAI(人口知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている・・・。そしてそこは“東京オリンピック”が中止となった未来だった・・・嘘か?真か!?
1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。
その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは!?

『麻雀放浪記2020』

キャスト:
斎藤工 
もも(チャラン・ポ・ランタン) ベッキー 的場浩司 岡崎体育 
ピエール瀧 音尾琢真 村杉蟬之介 
伊武雅刀 矢島健一 吉澤 健 堀内正美 小松政夫 
竹中直人 

原案:阿佐田哲也(文春文庫刊) 監督:白石和彌  
脚本:佐藤佐吉 渡部亮平 白石和彌 プロット協力:片山まさゆき  
主題歌:CHAI「Feel the BEAT」(Sony Music Entertainment (Japan) Inc.)   
音楽:牛尾憲輔 
企画:アスミック・エース 制作:シネバザール 配給:東映 

(c)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

公開日 :2019年4月5日全国ロードショー
公式サイト :http://www.mahjongg2020.jp/

関連記事一覧