• HOME
  • 記事
  • Hot Contents , IT
  • 購入型国内クラウドファンディング成立件数No.1のCAMPFIRE、最速で累計流通額 100億円突破!

購入型国内クラウドファンディング成立件数No.1のCAMPFIRE、最速で累計流通額 100億円突破!

国内最大の購入型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」は2011年6月から運営が始まり、「資金調達の民主化」をビジョンに掲げ、個人や地域レベルで小さなつながりを持ち、支え合うコミュニティを「小さな経済圏」と称し、様々な挑戦を支援してきました。
「CAMPFIRE」は2019年2月、国内購入型クラウドファンディング事業者としては最速で累計流通額を100億円※2を突破しました。

4月中旬よりイメージキャラクターにのんを起用しテレビCM公開

のんプロフィール
女優、創作あーちすと。1993年兵庫県生まれ。2016年公開の劇場アニメ「この世界の片隅に」で主人公・すずの声を演じ、第38回ヨコハマ映画祭「審査員特別賞」を受賞、高い評価を得る。2017年に自ら代表を務める新レーベル『KAIWA(RE)CORD』を発足。シングル『スーパーヒーローになりたい』『RUN!!!』とアルバム『スーパーヒーローズ』を発売。創作あーちすととしても活動を行い、2018年自身初の展覧会『’のん’ひとり展‐女の子は牙をむく‐』を開催。

CAMPFIREのこれまでと「2021年、1,300億円」に向けて


「クラウドファンディング」という言葉がまだ浸透していない2011年6月、CAMPFIREは国内のカルチャーやクリエイターを応援したいという思いから、「マイクロパトロンプラットフォーム」として立ち上がりました。その後も様々なクラウドファンディングサービスが出てきて、今では国内に数百サイトが存在するといわれます。

名前もないお金もない挑戦者の声なき声を、ネットをつかって多くの人に届けるということ。そして応援してくれる人たちを巻き込んで、活動への支援を集めること。「5,000万円のプロジェクトひとつより、50万円のプロジェクトを100個、5万円のプロジェクトを1,000個たちあげたい」そんな思いから、2016年2月、手数料を20%から5%としました。(現在は12%)

クラウドファンディングを通じた支援が一過性のもので終わってしまうことも少なくないこと、そんな課題にも向き合うため、2016年8月に継続課金型コミュニティプラットフォーム「CAMPFIREファンクラブ」を開始。
翌年の2017年8月には「もっと気軽に資金集めがしたい」「大きな目標がないと企画を始めてはいけない気がする」「クラウドファンディングは審査や手続きが煩雑なイメージがある」といった利用者の声から、フレンドファンディングアプリ「polca」を開始。

2018年4月、クラウドファンディングを地域の方へ普及するため、株式会社サーチフィールドから地域特化型クラウドファンディング「FAAVO」を事業譲受。2018年7月にはエンタテインメント領域の強化を目的に、株式会社パルコとクラウドファンディング「BOOSTER」の共同運営を開始しました。

2011年6月の開始から、新サービスの立ち上げや、クラウドファンディング事業者との共同運営・事業譲受を通じ、現在(2019年3月4日時点)に到るまで累計流通額は105億円、支援者数は108万人、プロジェクト数は20,000件に到達。多くのクラウドファンディグを利用できる機会やサービスの提供を通じ、購入型・融資型合わせて2021年に累計流通額1,300億円の到達を目指しています。

CAMPFIRE代表・家入一真

クラウドファンディングによる日本中の小さな挑戦が積み重なり、このたびCAMPFIREの流通総額が100億円を超えました。
この数字には意味はありません。
まだまだ少ないとも思います。金融をテクノロジーでアップデートし、真の金融包摂の実現を目指す私たちにとって、ようやく入り口に立てたくらいだと感じます。

資金がないために諦めざるを得なかった夢が、世の中にはたくさんあります。
資金だけではありません。
私たちはさまざまな理由で夢を諦めざるを得ません。国籍、地域、家族、教育、仕事、セクシャリティ、宗教、貧困、障がい…。
時には理不尽とも思えるそんな宿命を超え、手を伸ばし、声を上げ、一歩を踏み出す権利は、全ての人に等しくあるはずです。

既存の社会や経済からこぼれ落ちる方々のための居場所を。
夢のために小さな一歩を踏み出せる世界を。

「夢みる人を、はじめる人に。」

私たちは新しい合言葉とともに、誰しもが声をあげられる世界の実現を目指していきます。

「CAMPFIRE」プロジェクトオーナー利用傾向について
「CAMPFIRE」利用のプロジェクトオーナーは性別では男性が72.8%、女性が27.2%と男性比率が高く、年代別では10代が6.7%、20代が33.7%、30代が32.4%、40代が17.7%、50代が6.7%、60代以上が2.8%と、20〜30代が過半数を占めます。
株式会社CAMPFIREについて

CAMPFIREはあらゆるファイナンスニーズに応えるべく、“資金調達の民主化” をミッションに、個人やクリエイター、企業、NPO、大学、地方自治体など、様々な挑戦を後押ししております。国内最大のクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」は、2011年のサービス開始から現在(2019年3月4日時点)までに20,000件のプロジェクトを掲載し、支援者数は延べ108万人以上、流通金額は105億円に達しました。CAMPFIREは、1人でも・1円でも多くお金がなめらかに流通する世界を目指して、クラウドファンディングに加え「polca」「CAMPFIREファンクラブ」「CAMPFIRE Bank」などを通じてCAMPFIRE経済圏をつくってまいります。

事業内容:
クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」「FAAVO」「polca」「CAMPFIRE Owners」、
継続課金型コミュニティプラットフォーム「CAMPFIREファンクラブ」、
包括的金融サービス「CAMPFIRE Bank」、
コミュニティウォレット「Gojo」などの企画・開発・運営。

株式会社CAMPFIRE:https://campfire.co.jp
購入型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」:https://camp-fire.jp

関連記事一覧