独自のサブスクリプション型ビデオサービス「Apple TV+」発表!

3月25日(米国時間)にApple本社のスティーブ・ジョブズ・シアターでプレスイベントが開催されました。そこでアップルがついに独自のサブスクリプション型ビデオサービス「Apple TV+」をスタートさせることを明らかにしました。

March 2019イベントの開会を宣言するティム・クック。


すでにAppleは、多数のオリジナル番組を製作中のようです。スティーブン・スピルバーグをはじめ、女優のリース・ウィザースプーンやアメリカで有名な司会者のオプラ・ウィンフリーなど、ハリウッドのスターたちが、スペシャルイベントでは登場しました。

AppleのMarch 2019イベントのステージで、自身の創作プロセスについて説明するスティーヴン・スピルバーグ。

Steve Jobs Theaterのステージに立つリース・ウィザースプーンとジェニファー・アニストン。

ジェイソン・モモアとアルフレ・ウッダード、Steve Jobs Theaterにて。

今秋からスタートするサブスクリプションサービス「Apple TV+」。「世にも不思議なアメージングストーリー」をスティーブン・スピルバーグがリメイク、ジェイソン・モモア主演のファンタジー「See」、クメイル・ナンジアニとエミリー・ゴードン主演の移民をテーマにしたドラマ「Little America」、JJエイブラムスとサラ・バレリスによるコメディ・ドラマ「Little Voices」、セサミストリートが手がける子供向けプログラミング番組などが準備されている。

Apple TVのアプリが一新され、5月には「Apple TVチャンネル」が公開されることも発表。新Apple TVアプリでは、iPhone、iPad、Apple TV、Mac、スマートテレビ、ストリーミングデバイスの境界を越えて、テレビ番組、映画、スポーツ、ニュースなどを1つのアプリケーションにまとめるということ。

新しく生まれ変わったApple TVアプリケーションが、テレビ番組、映画、スポーツ、ニュースなどを発見し視聴する方法を1つのアプリケーションにまとめます。


独自のコンテンツ製作では、NetflixやAmazon、Huluが先行し、中でもNetflixは、アカデミー賞にも参加する作品を送り出している。才能あふれるクリエイターたちが集結するApple TV+が製作する映画やドラマには、多くの人々が期待していることでしょう。
Apple TV+は、今年秋、日本を含む100カ国以上で提供されます。

Apple
https://www.apple.com/jp/

関連記事一覧