• HOME
  • 記事
  • Hot Contents , IT
  • LINE Payが福岡市市税の納付に対応!市窓口・施設でのキャッシュレス決済、実証実験から本格導入へ

LINE Payが福岡市市税の納付に対応!市窓口・施設でのキャッシュレス決済、実証実験から本格導入へ

税金から手数料/利用料まで幅広く対応 
LINE活用による行政サービス高度化でより豊かな生活へ

モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」が、4月1日から福岡市の市窓口/施設で利用可能になりました。
これにより、「LINE Pay」で支払うことができる福岡市行政サービスは、納税から住民票の写しなどの証明書取得にかかる手数料等まで大きく広がりました。さらに今後、福岡市と共働しているLINEアカウントにおいても、行政サービスに関する申請から決済までLINEで完了できる仕組みを検討していく方向のようです。
「LINE Pay 請求書支払い」は、請求書や納付書に印字されたバーコードをスマートフォンで読み込むだけで24時間時間と場所を選ばず「LINE Pay」で支払いを完了させることができるサービス。現金準備を含め、支払いのためにコンビニや銀行窓口に赴く時間を省くことができるため、利用者の利便性向上と、払い忘れを防ぐことでの税金の収納率向上につながっていくでしょう。

対象となる納付書
・軽自動車税
・個人市県民税(普通徴収)
・固定資産税・都市計画税
・固定資産税(償却資産)
※「LINE Pay」で支払いが可能なものは5万円未満の納付書になりますが、
5月7日から30万円まで利用可能となります。

LINE Pay 請求書支払いについての詳細
LINE Pay公式ブログ: http://pay-blog.line.me/archives/74562305.html

関連記事一覧