脚本・監督、水谷豊。人間の底知れぬ心情に光を当てた本作『轢き逃げ-最高の最悪な日-』5月10日から公開。

事故と事件と、そこに巻き込まれた人々に
“終わりのない、そのあと”が訪れる。

「相棒」シリーズで国民的俳優として不動の人気の水谷豊。彼の長編映画監督第2作『轢き逃げ -最高の最悪な日-』が、2019年5月10日から公開。“タップダンス”を題材にした映画「TAP -THE LAST SHOW-」で監督デビューを飾り、圧巻のダンス映像と深い人間洞察からくる演出で、監督として確かな一歩を踏み出した水谷。監督2作目は、他人には見せる事のない“人間の心の奥底にあるもの”を映画として描く。エンターテインメントの最前線に50年以上立ち続けている水谷豊が挑む「新たなる世界」が生まれようとしている。
ある地方都市で起きた交通事故。一人の女性が命を落とし、轢き逃げ事件へと変わる。

車を運転していた青年・宗方秀一、助手席に乗っていた親友・森田輝。二人は秀一の結婚式の打合せに急いでいた。路地裏にある喫茶スマイルの角を曲がった時、若い女性を撥ねてしまう!……「誰も見てない」。輝の囁きで、車を急発進させた秀一。その場から立ち去った二人は、婚約者早苗の元へ向かう。

悲しみにくれる被害者の両親、時山光央と千鶴子。
その事件を担当するベテラン刑事・柳公三郎と新米刑事・前田俊。

平穏な日常から否応なく事件に巻き込まれ、それぞれの人生が複雑に絡み合い、抱える心情が浮き彫りになっていく。

水谷豊は、監督と同時にひき逃げで命を落とした女性の父親役も演じる。事件の加害者となる秀一役は「牙狼 GARO 魔戒ノ花」の中山麻聖、親友の輝役を「カナリア」は石田法嗣。檀ふみ、岸部一徳ら実力派のベテラン俳優陣が脇を固める。

【キャスト】
中山麻聖 石田法嗣 小林涼子 毎熊克哉
水谷 豊 檀 ふみ 岸部一徳【スタッフ】
監督・脚本:水谷 豊  撮影監督:会田正裕  音楽:佐藤 準配給:東映
5/10(fri)ROADSHOW

(C)2019映画「轢き逃げ」製作委員会

■公開日
2019年5月10日

■公式サイト
hikinige-movie.com

関連記事一覧