• HOME
  • 記事
  • Culture , Hot Contents , Music
  • スマートフォンを使って気軽にDJ!無料DJアプリ「WeDJ for iPhone」対応  スマートDJコントローラー「DDJ-200」を5月下旬に発売!

スマートフォンを使って気軽にDJ!無料DJアプリ「WeDJ for iPhone」対応  スマートDJコントローラー「DDJ-200」を5月下旬に発売!

DJにチャレンジしてみたいけど、DJ機器のセッティングや機能の使い方、楽曲収集などの多くの知識と手間が必要であるため、DJを始めることに高いハードルを感じている人も多くかと思います。
パイオニアから5月下旬に発売される「DDJ-200」は、スマートフォンとの組み合わせを第一に考え開発されたDJコントローラー。日常的に使い慣れているスマートフォンとスマートフォン用DJアプリとストリーミング音楽配信サービスをそのまま利用し、気軽にDJを始めることができます。世界中のプロフェッショナルDJに支持されているPioneer DJの機材開発ノウハウをもとに、簡単にDJプレイを楽しめるようにボタンやツマミをわかりやすく配置されています。さらにアップデートを行う「WeDJ for iPhone」は、ストリーミング音楽配信サービスのBeatport LINKに対応し、膨大な楽曲カタログの中から選曲してDJを楽しむことができます。また、初心者向けのサポート機能として「チュートリアル機能」や「TRANSITION FX機能」などを追加し、これまで以上に簡単にDJを楽しめるようになりました。

DDJ-200(スマートDJコントローラー)
型番    : DDJ-200
対応DJアプリ: WeDJ for iPhone
        djay(iPhone、iPad)
        edjing Mix(iPhone、iPad、Android)
        rekordbox(TM)(PC/Mac)
希望小売価格:オープン価格
発売時期  :2019年5月下旬

【DDJ-200およびWeDJ for iPhoneの特長】

1) 複数のデバイス、DJアプリ、ストリーミング音楽配信サービスに対応

DDJ-200はスマートフォンやタブレットだけでなくPC/Macでも使用できるので、お手持ちのデバイスにDJアプリをインストールし、手軽にDJを始めることができます。さらに、それぞれのDJアプリがストリーミング音楽配信サービスに対応しているため、幅広い楽曲カタログの中からお気に入りの楽曲を使ってDJプレイすることが可能。普段聴きなれた楽曲に演奏アレンジを加えることで、新鮮な音楽体験を得ることできます。

2) 初心者でも簡単に演奏を楽しむことができるチュートリアル機能とポップヒント機能
「WeDJ for iPhone」に搭載されている機能の基本的な使い方や演奏への活用方法などを操作手順に合わせて解説するチュートリアル機能を搭載しました。また、「WeDJ for iPhone」のボタンや表記をタップするだけで機能の概要をテキストで表示し、短時間で機能を把握することができるポップヒント機能を搭載しました。これらにより、これまでDJ機器を扱ったことがない初心者の方でも迷わず簡単にDJプレイを楽しむことができます。
3) 知識やスキルがなくてもさまざまなパターンのミックスを楽しむことができる「TRANSITION FX」機能
クロスフェーダーの操作に連動してエフェクトや効果音を加える「TRANSITION FX」機能を「WeDJ for iPhone」に搭載しました。「TRANSITION FX」は全部で11パターン(注5)あり、バリエーション豊かなミックスを楽しむことができます。
4) より自然に次の曲へ切り換えられる業界初(注6)「PHRASE SYNC」機能
現在演奏している楽曲のフレーズが終了するタイミングで、次に演奏する楽曲のフレーズを開始させることができる「PHRASE SYNC」機能を搭載しました。画面上の専用ボタンをタップするだけで自動的に2曲のフレーズ開始終了タイミングが揃うので、楽曲の拍や小節を意識することなく自然に次の楽曲に切り換えることができます。
5) 持ち運びやすい小型軽量ボディ
気軽に外出先へ持っていくことができるよう小型で軽量なボディに仕上げました。また、デバイスの内蔵スピーカーから演奏した音声を出力することができるので、別途スピーカーを持ち運ぶことなく演奏を楽しむことができます。さらにモバイルバッテリー(注7)から電源を供給して駆動することもできるので、コンセントがない環境でも演奏することが可能です。

6) オーディエンスがいるシチュエーションでのDJプレイにも対応したスプリット出力機能
同梱のスプリットケーブルを用いることで演奏している楽曲の音声をデバイスから外部スピーカーに出力しオーディエンスに届けると同時に、次に演奏する楽曲の音声をヘッドフォンに出力しDJだけが確認することができます。

詳しくは「DDJ-200 / WeDJ for iPhone」特設サイトで
http://bit.ly/2J9XBSC

関連記事一覧