アプリで管理する新しいガーデニングスタイル。『VegTrug(R) Grow Care』2019年3月発売!

ガーデンライフスタイルメーカーのタカショーからスマートフォンのアプリと連携し、その時・その植物に必要な水分量・養分量・光量を把握できる、「VegTrug(R) Grow Care(ベジトラググローケア)」を2019年3月1日(金)より発売する。

アプリと連携させて使用する商品で、プランター内の土の水分量や養分量、光量をセンサーで把握し、植物にあわせた必要量がスマートフォンに表示される仕組みとなっている。植物の水やりなどをベジトラググローケアがアシスト。特に植物を家に取り入れたいが育てるのは難しいと思っている世代に、まずは植物と関わりをもってもらえるきっかけになれば、という考えから生まれたのが「VegTrug(R) Grow Care(ベジトラググローケア)」。

商品ラインナップは3種類。スティックタイプの“Grow Care Home(小さいプランター用)”と“Grow Care Garden(深さのあるプランター用)”、ポットタイプの“Grow Care Pot”。スティックタイプは、屋外でも使用可能でプランターや花壇の土に挿し込むだけで本体の日当たりセンサー、温度センサー、土壌湿度センサー、土壌肥沃センサーが感知し、ポットタイプは、ポット内に土壌湿度センサー、土壌肥沃センサーが内蔵されており、リアルタイムの情報をスマートフォンに知らせてくれる。
アプリ内には発売時約6,000種類の植物の情報が登録されており、植物の名前が分からなくても葉の形状の質問に4つ答えるだけで探すことができる。データベースは随時更新されている。

株式会社タカショー
http://takasho.co.jp


関連記事一覧