• HOME
  • 記事
  • Culture
  • 「アリマ、行きまーす!」平成最後の有馬記念!2019年に40周年を迎える”機動戦士ガンダム”との夢のコラボ!「有馬戦士ガンダム」始動!

「アリマ、行きまーす!」平成最後の有馬記念!2019年に40周年を迎える”機動戦士ガンダム”との夢のコラボ!「有馬戦士ガンダム」始動!

描き下ろしキービジュアルにも注目!「有馬戦士ガンダム」特設サイト12月13日(木)公開!

12月23日(祝・日)に中山競馬場で開催される第63回有馬記念(GⅠ)の特設サイトが始動!「機動戦士ガンダム」とコラボレーションした「有馬戦士ガンダム」が12月13日(木)から公開された!

「有馬戦士ガンダム」特設サイトでは、ガンダムの世界観と有馬記念が融合したオリジナル動画を視聴できる「NEW TYPE MOVIE」のほか、人気キャラクター「シャア」と競馬の魅力に触れるゲームコンテンツ「育成のシャア~ジオン競馬場で学べ~」、『ガンダムキャラクター×モビルスーツ』の組み合わせがデザインされたオリジナル「ガンダム馬券」が生成される「ハロガチャ」、さらに、これらコンテンツと連動したプレゼントキャンペーンも開催される。
「NEW TYPE MOVIE」


アムロ役声優の古谷徹氏とシャア役声優の池田秀一氏が再び集結、新たな名セリフが収録された長尺動画2本、短尺動画20本を一挙公開。 実況ムービー「有馬戦士ガンダム MOVIE」は、2016年・2017年の有馬記念のレース映像にガンダムのキャラクターたちによる名セリフが重なり合い、ドラマティックかつ 迫力のレース展開を楽しむことができる。
また、ショートムービー「有馬戦士ガンダム STORY」は、『ガンダム、有馬に立つ!』、『赤い彗星の有馬』、『ガルマ、散る』、『ジェットストリーム有馬』など、機動戦士ガンダムファンなら誰もがピンとくる名場面と、過去の有馬記念の名シーンがクロスオーバーする構成となっている。
「アリマ、行きまーす」

「育成のシャア~ジオン競馬場で学べ~」


超人気キャラクターであるシャアと共に、競馬の魅力に触れながら3つのゲームにチャレンジし、その結果を診断するゲームコンテンツ。診断結果は「ジオン軍の階級」で表示される。
いざ!最高階級「赤い彗星」を目指したまえ!

第63回有馬記念とリアル連動!「ガンダム馬券」をゲットで「AIハロ」「電子マネーギフト10万円分」が当たるチャンス!
「ハロガチャ」では、ハロにタップすると『ガンダムキャラクター×モビルスーツ』の組み合わせがデザインされたオリジナル「ガンダム馬券」がランダムに登場。さらに、第63回有馬記念の結果(枠連)とリアル連動した「ハロガチャ!ガンダム馬券キャンペーン」 が開催!「ガンダム馬券」は、実際の第63回有馬記念の結果(枠連)と紐づいており、12月13日(木)11:00から12月23日(祝・日)【有馬記念当日】15:00までの応募期間中に、第63回有馬記念の枠連の結果と同一の組み合わせとなるオリジナル「ガンダム馬券」を、規定のハッシュタグをつけてTwiiterにシェアすると、抽選で1名に「AIハロ」、5名に「電子マネーギフト10万円分」がもらえる!
注記)

・「ハロガチャ!ガンダム馬券キャンペーン」について、生成される「ガンダム馬券」の式別は「枠連」のみとなります。

「有馬戦士ガンダム」スペシャルイベント
日時:2018年12月20日(木)~22日(土) 11:00~21:00
古谷徹氏トークショーやガンダム馬像の展示@サナギSHINJUKU
アムロ役声優の古谷徹氏が登場するトークショーのほか、ガンダム馬像の展示、キタサンブラックオリジナルガンプラなどガンダムグッズの展示を開催。(※入場無料)

古谷徹トークショー
【ステージ日時】12月21日(金)16:30~(予定)
アムロ役声優の古谷徹氏がトークイベントに登場!

■場所 サナギSHINJUKUイベントスペース
    (東京都新宿区新宿3丁目35−6)
     http://sanagi.tokyo/
    ・JR各線・都営地下鉄各線「新宿駅」徒歩2分

詳しい内容はWEBで!
https://umabi.jp/arima-gundam/

「機動戦士ガンダム」
1979年に放送を開始した『機動戦士ガンダム』は、ロボットを「モビルスーツ」という「兵器」として扱ったリアルな戦争描写や緻密な科学考証、複雑に織り成す深い人間ドラマで、それまでのロボットアニメの潮流であった単純な勧善懲悪では語れない「リアルロボットアニメ」というジャンルを確立し、一大ブームを巻き起こした。
現在放映中の『ガンダムビルドダイバーズ』に至るまで、TVアニメーション20作品、劇場・イベント上映19作品、OVA18作品、その他イベント映像・TVスペシャル等5作品が製作されており、長きにわたって高い支持を獲得している。

関連記事一覧