• HOME
  • 記事
  • Hot Contents , Trend
  • 小橋賢児と共同プロデュース!大人も楽しいキッズテーマパーク「PuChu!(プチュウ)」宇宙をテーマにしたカラフルポップな空間で、時間を気にせず遊ぼう!

小橋賢児と共同プロデュース!大人も楽しいキッズテーマパーク「PuChu!(プチュウ)」宇宙をテーマにしたカラフルポップな空間で、時間を気にせず遊ぼう!

横浜駅直通の複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」4階にある〝新時代の子どもたちに必須の「知性」と「感性」を遊びながらに学べる″ をコンセプトにした屋内キッズテーマパーク「PuChu!(プチュウ)」の1日フリーパスが、5月21日(火)からPuChu!店舗で販売されました。

「PuChu!」は元俳優で「ULTRA JAPAN」などのクリエイティブ・ディレクターを務めた小橋賢児氏を共同プロデューサーとして迎え、世界で活躍するクリエイターやアーティストが細部までこだわったパークデザインとなっています。

PuChu!の館内は、”体験としての宇宙”をテーマに、カラフルな7つの星と5つのゾーンの計12のプレイエリアで構成。PuChu! で遊ぶ子どもたちは、宇宙を旅する冒険家となり、旅するように自由に、好奇心のおもむくままに夢中になって遊んでいくことで、自然と大切な学びや気付きを得ていきます。

また、科学・技術・工学・アート・数学・スポーツを横断する学びであるSTEAMS教育論などを取り入れて、あそびとまなびの専門家である一般社団法人follow your MUSEの監修のもと設計されたプレイエリアは、五感を刺激しながら「体」「頭」「心」を使う遊びができるように構成。

ゴールデンウィーク期間中には事前予約チケットが完売したり、子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」( https://iko-yo.net )の「今週の関東の家族でおでかけ人気ランキング」(2019年5月9日~2019年5月15日)で第1位を獲得するなど、今ファミリーに一番注目されている施設です。子どもだけでなく大人も楽しい、そこにいるだけでセンスが磨かれるような空間となっています。

PuChu! (プチュウ)
子どもたちはみんな、自分の中に小さな宇宙を持っている。ひとりひとりの、小さな(プチ)宇宙(ウチュウ)。それは、未来を創り、彩る、無限の可能性。
子どもたちが自分自身の可能性を信じ、自信と夢と希望に満ち溢れ、もっと自由に、もっと多様に、ワクワクする未来を思い描き、輝く人になっていけるように。
今まで見たことも感じたこともない “体験としての宇宙” を子どもたちに提供していくことで、子どもの中にある小さな宇宙(プチュウ)~無限の可能性や創造力~をさらに花開かせていけるように。そんな願いを、「PuChu!」という名前に込めました。

営業開始日  :2019年5月1日(水・祝)
営業時間   :10:00〜19:30 (最終入場受付 18:00)
定休日    :不定休
所在地    :神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル4F
サイトURL  :https://pu-chu.com
予約     :公式WEBサイトからご予約いただけます
対象年齢   :0〜12歳(推奨年齢0〜8歳)

<公式SNS>
Twitter:https://twitter.com/puchukids
Facebook:https://www.facebook.com/puchu.star
Instagram:https://www.instagram.com/puchukids/

共同プロデューサー 小橋賢児
「ULTRA JAPAN」「STAR ISLAND」など、数十万人を感動の渦に巻き込み、いま最も”気づきの場”を提供するクリエイティブディレクター小橋賢児の初の著書『セカンドID』が、5月25日より発売開始。クラウドファンディングでは661%を達成し、発売前にもかかわらず重版となるなど、早くも話題の書籍が、これからの時代の生き方のヒントとなる。

関連記事一覧