ついにアレクサが「Apple Music」に対応!音楽の幅がさらに広がる。

「アレクサ、今日の天気は?」「アレクサ、今日のニュースは?」と聞けば、応えてくれるAmazon Echoシリーズ、Amazon Fire TVシリーズ*1を始めとするAlexa搭載デバイス。最近ではAlexaに対応する家電製品も次々と登場し、アレクサに話しかければ、自動で照明をつけてくれたり、エアコンやテレビまでもスイッチを入れてくれます。
それは、もちろん音楽においても同じ。アレクサにお願いすれば聞きたいサウンドを瞬時に探し出して流してくれます。

2019年6月26日、5,000万曲以上の楽曲をストックするApple Musicが、Alexa搭載デバイスで再生できるようになりました。
すでにアメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどはAlexa搭載デバイスでのApple Musicの利用が対応していましたが、非英語圏の国においては日本が初めて。
Alexaに呼びかければ、お気に入りの楽曲やアーティスト、アルバム、自分で作成したプレイリストを再生できるほか、世界中のApple Musicのエディターが選曲したプレイリストを聞くこともできます。

「アレクサ、Apple Musicで トゥディズ ヒッツをかけて」と話しかけてみてください。
さらに、J-PopやK-Pop、懐かしの洋楽ヒッツ、アニメ曲など、世界中で人気を集める楽曲を放送するラジオ番組の再生も可能です。
「アレクサ、Apple Musicでアニメのラジオをかけて」と話しかけてみてください。

ご利用にあたっては、AlexaアプリやAmazonウェブサイトのAlexaスキルストアからApple Musicのスキルを有効にし、登録済みのアカウントをリンクしてください。その後、サービスの利用が可能になります。
*1 一部ご利用いただけないデバイスがあります
*2 サービスの利用には別途登録・契約や料金が必要な場合があります。
*3 Alexaでの音声操作以外に、対応デバイスにおけるBluetooth経由での楽曲再生も含みます。
※Apple Musicは、米国およびその他の国で登録されているApple Inc.の商標です。

関連記事一覧