「G20大阪サミット」各国首脳陣に、ふるまわれた大阪の銘菓とは!?

大阪の銘菓言えば、「岩おこし」「粟おこし」。このパッケージを見たことがある人も多いかと思います。製造しているのは「あみだ池大黒」。江戸時代半ばの1805年(文化2年)に創業し、200年もの歴史を持っています。

先日、大阪で開催されたG20大阪サミットの会議のお茶のお供に大阪名物のおこしが提供されました。
ここで提供されたのは、アメリカの家庭菓子からヒントを得て作られたマシュマロを使った“柔らかい”おこし。聞くところによると、あみだ池大黒の社員がNYに滞在した際に出会ったお菓子がヒントになったとか。


“柔らかいおこし“「マシュー&クリスピー」。提供商品には、G20大阪サミット特別デザインがプリントされました。各国記者様向けのプレスダイニング(軽食スペース)には、江戸時代からの大阪名物「岩おこし・粟おこし」が大阪銘菓として提供したそうです。

現在、数量限定で各店舗で発売中。ぜひ大阪サミットの味を確かめてみて!

【G20大阪サミットオリジナルデザイン商品販売店舗】

●pon pon×Chris.P ポンポンバイクリスピー大阪国際空港店
 所在地:〒560-0036 大阪府豊中市螢池西町3丁目555
     大阪国際空港ターミナルビル2F 到着口前
●pon pon×Chris.P ポンポンバイクリスピールクアイーレ店
 所在地:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3-1-3 JR大阪駅ルクアイーレ2F
●Matthew&Chris.P マシューアンドクリスピー大丸神戸店
 所在地:〒650-0037 神戸市中央区明石町 40番地

あみだ池大黒
http://www.daikoku.ne.jp/

関連記事一覧