• HOME
  • 記事
  • Hot Contents , Life Style
  • ラグビーの世界的な祭典を控え、世界最強のオールブラックスが出演!外国人旅行者と日本の人々の相互理解をサポートする「How NOT to Drive in Japan」プロジェクト始動。

ラグビーの世界的な祭典を控え、世界最強のオールブラックスが出演!外国人旅行者と日本の人々の相互理解をサポートする「How NOT to Drive in Japan」プロジェクト始動。

AIG ジャパンが、この秋に日本で開催されるラグビーの世界的な祭典を控え、ますます増加する外国人旅行者と迎え入れる日本の人々が、文化やルールの違いをお互いに理解し、より快適で安全・安心な日本滞在と豊かな交流をサポートする「How NOT to Drive in Japan」プロジェクトを発足しました。

「How NOT to Drive in Japan」3つの取組み

1つ
AIGがグローバルパートナーを務める世界最強のラグビーチーム オールブラックスの選手が出演し、ユーモアたっぷりに外国人旅行者に日本の交通ルールを伝えるスペシャル動画「How NOT to Drive in Japan」の公開。この動画は、日本を舞台にオールブラックスが登場する動画シリーズの第3弾にあたり、過去2作品も大きな話題となりました。

①日本は左側通行
自国の交通ルールに習い、右側走行してしまう外国人旅行者。オールブラックスの選手が強烈なタックルで、車を左側車線へ変更し、あわやのところで事故を防ぐ。
②バイクはヘルメット着用が義務
ヘルメットを被らずにバイクで走行する外国人旅行者。危険を察知したオールブラックスの選手が、絶妙なキックでヘルメットを蹴り上げ、見事ライダーの頭に装着させる。
③赤い逆三角形は一時停止のサイン
自国と違い、日本語標識が読めない外国人旅行者が運転する車は「一時停止」に気づかないまま交差点に進入しそうになる。横断歩道の手前で屈強なオールブラックスの選手が車を止め、子どもたちを優しく守り、事故を未然に防ぐ。

2つ

外国人旅行者が飲食店や宿泊施設、小売店などの従業員と言葉の壁を越えた円滑なコミュニケーションをサポートするアイテム「How NOT to Card」の提供です。食物アレルギーの確認やチップが不要なことを伝えるなど、シーンに合わせたフレーズをカードにしています。全国の飲食店、宿泊施設、小売店などに30,000セット配布を予定しており、上記ウェブサイトで、ダウンロードすることもできます。
https://tackletherisk.jp/

3つ

日本人が日本と外国のルールやマナーの違いをどれくらい理解しているか、そのギャップを理解し、外国からのお客さまを“YOKOSO(ようこそ)”するためのノウハウを学ぶことができるウェブサイト検定「YOKOSO検定」の開始です。
https://tackletherisk.jp/


TEAM YOKOSOのメンバー
左から
元オールブラックス主将 リッチー・マコウ氏
別府市長 長野 恭紘氏
銀座久兵衛 三代目 今田 景久氏
女優 すみれ氏
コメディアン・動画クリエイター ミスターヤバタン氏
駐日ニュージーランド大使館 公使 ドミニク・ウォルトンフランス氏
                           (順不同)

関連記事一覧