• HOME
  • 記事
  • Culture , Hot Contents , Movie
  • オダギリジョー、続けての快挙! 監督『ある船頭の話』と俳優『サタデー・フィクション』、2 作品でヴェネチア国際映画祭へ

オダギリジョー、続けての快挙! 監督『ある船頭の話』と俳優『サタデー・フィクション』、2 作品でヴェネチア国際映画祭へ

出演作『サタデー・フィクション』
コンペティション部門正式出品が決定!

8月28日に開幕する第 76 回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門が発表となり、オダギリジョー出演の『サタデー・フィクション』(2020 年日本公開予定)が選出、正式出品作品として上映が決定した。ヴェネチア国際映画祭はカンヌ国際映画祭・ベルリン国際映画祭と並ぶ世界三大映画祭のひとつに数えられる、世界最古の歴史を持つ映画祭。革新性や探求心、オリジナリティー、インディペンデント精神などに優れたハイ・クオリテイーな作品を紹介することを目的とした<ヴェニス・デイズ>部門においては監督作『ある船頭の話』での出品が先日発表され、今回は最高賞「金獅子賞」を争う<コンペティション>部門で出演作『サタデー・フィクション』の出品が発表となった。

オダギリジョー監督『ある船頭の話』

オダギリにとってヴェネチア国際映画祭は、『蟲師』『叫』(ともに 06 年)、『サッド ヴァケイション』(07 年)、『プラスティック・シティ』(08 年)と出演作が三年連続で出品された縁のある映画祭だが、『ある船頭の話』はオダギリにとっての長編「初」監督作品、その映画がヴェニス・デイズ部門に邦画長編として史上「初」選出、さらに俳優として参加した出演作が同じ映画祭に同時出品されることは、歴史ある映画祭においても類い稀な快挙となった。
まさに今年のヴェネチアはオダギリ色に染められそうだ。オダギリジョーは両作品の上映に合わせて現地入りをする予定。受賞結果は、 ヴェニス・デイズは 9 月 6 日、コンペティションは翌 7 日(現地時間)に発表される。

オダギリジョー出演『サタデー・フィクション』

オダギリ ジョー(『ある船頭の話』脚本・監督、『サタデー・フィクション』出演)
「今年のヴェネチア国際映画祭は、アジア映画にとっては向かい風の強い年になったにもかかわらず、 その中に、監督作、出演作がともに入るなんて、信じられません。 これも全て、厄年を越えたからだと思います。 これからは『ヴェネチアを愛し、ヴェネチアに愛された男、オダギリ』と名乗っていこうと思います。」

『ある船頭の話』INTRODUCTION

ひとりの船頭を通して見つめる、人間の根源

主人公の船頭トイチ役に日本を代表する名優、柄本明。主演としては 2008年公開『石内尋常高等小学校 花は散れども』 (新藤兼人監督)以来、11 年振りとなる。トイチの前に現れる身寄りのない謎めいた少女役として川島鈴遥をヒロイン に抜擢。そしてトイチを慕い、多くの時間を共に過ごす村人・源三役には、映画・テレビ・舞台と出演作が目白押しの 若手実力派・村上虹郎。この他にも伊原剛志、浅野忠信、村上淳、蒼井優、笹野高史、草笛光子、細野晴臣、永瀬正敏、 橋爪功ら日本映画を代表する顔ぶれが出演し脇を固める。 さらに、海外でも精力的に活動してきたオダギリのもとには国際派スタッフが集結。

© 2019「ある船頭の話」製作委員会

撮影監督には、独特な色彩を映像 に落とし込む名匠クリストファー・ドイル、衣装デザインには『乱』で米アカデミー賞®を受賞した日本を代表するデザ イナー、ワダエミ。そして若くして天才と謳われたアルメニアのジャズ・ピアニスト、ティグラン・ハマシアンが映画 音楽に初挑戦。ひとりの船頭を通して、「人間の根源」を描いた本作。監督オダギリジョーが一流の才能を集め、比類 なき作家性を発揮し、圧倒的な映像美と音楽で描く、極上の物語がここに完成した。

『ある船頭の話』 9月13日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開

脚本・監督:オダギリ ジョー出演:柄本明

川島鈴遥、村上虹郎/
伊原剛志、浅野忠信、村上淳、蒼井優/
笹野高史、草笛光子/
細野晴臣、永瀬正敏、橋爪功

撮影監督:クリストファー・ドイル
衣装デザイン:ワダエミ
音楽:ティグラン・ハマシアン

HP:http://aru-sendou.jp
TW:twitter.com/sendou_jp
FB:facebook.com/sendou.jp
Instagram:instagram.com/sendou.jp

配給:キノフィルムズ/木下グループ
© 2019「ある船頭の話」製作委員会

関連記事一覧