ANAホールディングスが、ドローン宅配サービス実現に向けた検証を実施。

ANAホールディングが、ドローン事業化に向けた検証を継続して実施しており、今回、LINE Fukuoka株式会社、株式会社自律制御システム研究所、NTTドコモ、ウェザーニューズと共に、福岡市の協力の下、福岡市西区玄界島とざうお本店(福岡市西区)間、同玄界島と能古島キャンプ村間において、LINEで注文した海産物を、ドローンを使って輸送し、宅配サービス実現に向けた検証を実施することに。

◆検証実施日
2019年7月30日(火)~ 8月2日(金)
※公開はざうお本店にて8月1日のみとなります。
※8月1日悪天候の場合、8月2日に公開予定です。
◆輸送物
玄界島より、玄界島産の海産物(アワビ、サザエ)を輸送します。
◆飛行区間
福岡県福岡市西区玄界島ヘリポート~同西区小田 ざうお本店/同西区能古島キャンプ村横の砂浜
◆各社の主な役割
 ANAHD:ドローンの運航管理 (本検証の代表事業者)
 LINE Fukuoka:物流における注文・決済機能の提供
 ACSL:機体の提供および運航サポート
ドコモ:ドローンの上空飛行に係るLTEネットワークの提供、およびdocomo sky™(ドコモ スカイ)の運航支援基盤による上空の電波状況を考慮した運航計画の策定支援
※「docomo sky」は、株式会社NTTドコモの商標です。
ウェザーニューズ:気象情報サポートと有人航空機(ヘリコプター)監視のための飛行位置情報提供
福岡市:検証対象となる地域及び関係者との調整等

飛行の概要
能古島キャンプ村、ざうお本店(西区小田)ご協力の下、バーベキューをしているお客様へ玄界島産の海産物(アワビ、サザエ)をドローンにて輸送する宅配サービスを検証する。
海産物購入の注文・決済は、LINE Fukuokaご協力の下、LINE公式アカウントにて行う。飛行管理については、安全に遠隔でのオペレーションを行うための仕組みを構築する。今回WNIご協力の下、ヘリコプターの動態を確認可能な仕組みを組み込んで検証を行う。

離発着地点:
①福岡市西区玄界島ヘリポート〜福岡市西区能古島キャンプ村(往復)
②福岡市西区玄界島ヘリポート〜福岡市西区ざうお本店(小田79-6)前砂浜(往復)
2)飛行日時:7月30日(火) 
15:00~18:00 玄界島⇔ざうお、玄界島⇔能古島

31日(水) 
11:00~13:00 玄界島⇔ざうお、玄界島⇔能古島
15:00~18:00  玄界島⇔ざうお、玄界島⇔能古島

8月1日(木)  
11:00~13:00  玄界島⇔ざうお、玄界島⇔能古島
15:00~18:00  玄界島⇔ざうお、玄界島⇔能古島

2日(金) 
11:00~13:00  玄界島⇔ざうお、玄界島⇔能古島(予備日)
15:00~18:00  玄界島⇔ざうお、玄界島⇔能古島(予備日)

3)積載物:0.9kg以下の荷物(玄界島産アワビ、サザエを予定)
4)飛行距離:①10.3km、②6.4km
5)飛行高度:海上より60mの高度
※小雨決行,荒天は延期もしくは中止の予定です。
※8月1日の検証は、報道機関に公開予定です。

*見学する場合は、特に連絡は必要ありません。
ただし、安全のため関係者の指示に従ってください。

関連記事一覧