ラグビーをやってみたいと思ったら!タグラグビー、タッチラグビー、ビーチラグビー

TBS系で放映している日曜劇場「ノーサイドゲーム」がおもしろいですね。
ラグビーについてのお話なんですが、実際にラグビーをしているシーンを見ると激しいコンタクトスポーツだなと感じると思います。
もちろん観戦することも面白いのですが、実際にやってみたいという気持ちになる人もいるのではないでしょうか。
私は高校の時、体育の授業でラグビーをしたことがあります。といってもタックルをするラグビーは初心者には危険なので、タグラグビーとタッチラグビーをしました。
これがなかなかおもしろかったです。ボールが楕円なので、転がると予想もしないところへ行ってしまいます。だからこそ、確実にパスを繋げることが大切になります。
また、そのパスをカットしたディフェンスとしてプレイするのもなかなかおもしろいです。

子どもでも楽しめるタグラグビー

タグラグビーでは、タックルのかわりに腰につけた鉢巻のようなタグ取ります。タグを取られたらタックルをして倒されたこととおなじです。タックルは禁止です。そのため、危険なプレイがすくなく、子どもから楽しむことができます。タグラグビーを紹介してるサイトもあります。
タグラグビーオフィシャルサイト
http://www.tagrugby-japan.jp/

ワールドカップもあるタッチラグビー

また、タッチラグビーはタックルの代わりに相手にタッチをすることによってラグビーの危険なプレイを極力廃したものになります。
タッチラグビーについては一般社団法人ジャパンタッチ協会のサイトに漫画でルールを学ぶページがあるのでチェックしてみると良いです。
まんがタッチラグビー入門
https://www.japantouch.jp/manga
2019年の今年はマレーシアでワールドカップも開催されたようです。

日本で生まれたビーチラグビー

ビーチでおこなうラグビーとして発展したビーチラグビーは1990年に生まれた日本発祥のスポーツです。日本ビーチラグビー協会という団体があり、振興活動を行っています。
日本ビーチラグビー協会 ビーチラグビーとは
http://www.beachrugby.jp/about.html

ラグビーといえば、体格のいい男同士がぶつかり合うスポーツだと思われがちですが、上記のように子どもや女性でも参加しやすいラグビーがあります。
ラグビーワールドカップが日本で初開催される今年、手軽に参加できるさまざまなラグビーで遊んでみてはいかがでしょうか。

 

関連記事一覧