2020年、ニューヨーク植物園にて草間彌生展開催

草間彌生展
2020年5月2日〜11月1日開催。

彼女が作り上げたドット柄のかぼちゃのオブジェを知らない人はおそらくいないだろう。90歳の芸術家は、今も新作を意欲的に創造し続けている。
2020年5月2日から11月1日まで、ニューヨーク市ブロンクスにあるニューヨーク植物園(The New York Botanical Garden)で草間彌生の展示会が開催される。

メットライフ財団がメインスポンサーを務める当展示会では、今回の展示会のための新作を含め、絵画やインスタレーションなど、彼女の多岐に及ぶ表現方法を網羅した作品群を展示。植物園の全てのスペースを使っての草間作品が展示されるのは今回が世界で初めてとなる。ニューヨーク植物園までは、マンハッタンのミッドタウンからわずか20分でアクセスでき、ニューヨークを訪れる観光客にも草間彌生の魅惑的な芸術世界に触れてもらうことができるだろう。

今回の展示作品では一貫して、草間の美的感覚を刺激し続け、本人が愛してやまない自然界と彼女とのつながりが表現されている。
鏡を駆使した空間、有機的なフォルムの立体作品、巨大な花やカボチャの水玉模様の彫刻、独特な魅力に溢れた絵画などの代表的な草間作品はもちろん、彼女にとって初めての試みとなる、展示期間を通じてその表情を変える、植物園の温室を使ったインタラクティブなインスタレーション、さらには初期作品のスケッチブックなども展示予定。会場となる植物園は、季節の変化に伴い異なる表情を見せるので、期間中何度訪れても違った印象で作品を楽しむことができる。

ニューヨーク植物園は全敷地約100ヘクタール、敷地内に点在する歴史的建造物を使って構成されている。屋外スペースには、今回ニューヨーク植物園のために作られる印象的な彫刻作品を配置し、エニッド・A・ホウプト温室 (Enid A. Haupt Conservatory)では、草間の魅惑的な大型絵画からインスピレーションを得た園芸作品を展示。また、ルーエスター T. メルツ図書館 (LuEsther T. Mertz Library Building)では、植物のスケッチ、紙を使った作品、有機的な形のコラージュ、アッサンブラージュ、柔らかい素材を用いた彫刻作品など、初期の草間作品を展示する。
展示期間中は、種類豊富な公開講座プログラムも開催予定。

ニューヨーク植物園のCEO、キャリー・レボラ・バラット博士のコメント
「今回の展示会のために作られる新しい彫刻作品を始め、草間彌生氏の素晴らしい作品を私達の施設で展示できることと大変嬉しく思います。キャリアを通じて、自然界にインスピレーションを求め、限界と偏見に対しての挑戦を続けた草間は、彼女ならではの独特の芸術表現を生み出しました。
草間作品の多くが抽象的な外見を有していますが、これは彼女が宇宙、とりわけ自然界をいかに捉えているかが表現されているものなのです。
今回私達の施設での展示会を実現するにあたり、彼女の芸術的ビジョンを共有いただけたことについて、アーティストに感謝いたします」

ニューヨーク植物園について

ブロンクス・リバーパークウェイ(7W出口)、サウザン・ブルーバード(Southern Blvd)にある植物園。メトロノース鉄道(Metro-North Railroad)、バス、または地下鉄を使って簡単にアクセスできます。年間を通じ、火曜日から日曜日、あるいは祝祭日にあたる月曜日の午前10時から午後6時まで開園しています。施設を満喫いただくには、園内への入場チケット、季節毎に変わる特設展示エリア、芸術展示会に加え、エニッド・A・ホウプト温室、エヴェレット・チルドレンズ・アドべンチャー・ガーデン(Everett Children’s Adventure Garden)、路面電車ツアーなどのアトラクションが全てセットになった、オール・ガーデン・パス(All-Garden Pass)がおすすめです。
・公式ウェブサイト
https://www.nybg.org/visit/admission/

草間彌生
http://yayoi-kusama.jp/

関連記事一覧