• HOME
  • 記事
  • Hot Contents , Mode , Trend
  • 累計販売数45万点を突破!和紙デニムがさらに進化した!三代目「和紙デニム」のAW新作が8月13日(火)より発売開始!

累計販売数45万点を突破!和紙デニムがさらに進化した!三代目「和紙デニム」のAW新作が8月13日(火)より発売開始!

2019年8月13日(火)、ジーンズセレクトショップのライトオンからプライベートブランド「BACK NUMBER」の「和紙デニム」を全国の店舗およびオンラインショップで発売!和紙デニムシリーズは老若男女問わず多くの方から支持をされ累計45万点を超える大ヒット商品となっており今回のシリーズで三代目。
2011年に発売された初代和紙デニムは「軽さ」を追求し、夏にも履けるジーンズとしてデビューしました。
また続く二代目はデニム生地の厚さを示すオンスを上げアップデートを行い新たな「和紙デニム」を発売しました。
しかしどちらも本格的な加工感やジーンズ本来の重厚感を表現するに至りませんでした。この反省点から今回で三代目となる和紙デニムは履きやすさはもちろん、存在感をより体感できるようなヴィンテージ感のある本格的なジーンズに進化を遂げました。

和紙デニムは、タテ糸にインディゴ染めをしたコットン、ヨコ糸に和紙糸を使用し日本の伝統技術を進化させデニムに落とし込んだ素材です。
和紙は繊維が長いため、薄くとも強靭で長寿命です。文化財の修復にも使われる一方、柔らかくしなやかな肌触りを保ちます。
また、和紙糸は、空隙が多く、繊維に空気を含む為、吸汗性、吸湿性、速乾性に優れ、独特のハリやコシがあり、軽量感も備えています。
今回ライトオンが改良した三代目和紙デニムの最大の特長は、ヴィンテージデニムと比較しても遜色ない加工です。しかし実際に手にとってみると重厚感のある表情からは想像できないほど軽く、年中快適に履く事ができます。
今回の和紙デニムシリーズから初めてレーザーによる加工が実現。

生地にレーザーを当てて色落ちを促したり、模様を浮き上がらせたりすることが出来るシステム。レーザーの強弱や当てる時間を調節することで、濃淡のコントラストをつけることが可能になります。デニム製品の「ヒゲ」や「アタリ」をリアルに表現する事が可能になりました。
また、通常のジーンズエイジング加工では染め上げたジーンズに使い込んだ風合いを出すために何度も洗浄を行い膨大な水を使います。今回このレーザー加工システムを使う事で節水に繋がりました。
※レーザー加工はレギュラーシルエットのみ

日本の伝統と革新を織り込んだ、デニムの新しいスタンダード、「和紙デニム」
BACK NUMBERのこだわりが詰まった過去最高の1本を是非一度試してみてください。

和紙デニムページ
https://right-on.co.jp/feature-item/allwashi

全国のライトオン店舗およびONLINE SHOPで発売!

https://right-on.co.jp
発売日  :2019年8月13日(火)

関連記事一覧