筋肉アンケート「最も理想的な筋肉の付き方をしている芸能人は?」

NHKの番組「みんなで筋肉体操」は「筋肉」ブームの火付け役ともなっています。芸能界でも筋肉美をウリにしている人が数多くおり、芸能人のスタイルに憧れて筋トレを始める人も多いようです。
総合旅行プラットフォーム「エアトリ」が、20代~70代の男女621名を対象に「筋肉・筋トレ」に関する調査を実施。今回は「理想的な筋肉の付き方をしている芸能人」を日本人・外国人に分けて調査しました。

調査1:特に筋肉を付けたい部分TOP5 

男女共に「お腹」が1位。2位は男性が「胸」、女性が「お尻」で差が。

男女ともに1位は「お腹」(男性:49.7%、女性60.5%)となりました。TOP5の中で大きく差が出たのが「胸」と「お尻」で、男性は2位に「胸」が入りましたが女性では圏外、反対に女性は2位に「お尻」が入りましたが男性では圏外となりました。男性は4位まで上半身が占めており、上半身に筋肉を付けたいと考えている人が多いのに対し、女性は2位に「お尻」、4位に「太もも」がランクインしており、バランスよく筋肉を付けたい人が多いようです。

調査2:(体型が「ゴリマッチョ」「細マッチョ」「ナチュラルマッチョ」の人)体型をキープするための秘訣TOP5

過半数が選んだのは「頑張りすぎない」こと!

過半数の人がおすすめしたのが「頑張りすぎない」(52.2%)でした。4位の「筋トレする時間を決める」(30.1%)、5位の「筋トレの記録をつける」(22.1%)から見ても、継続することの大切さが窺えます。また2位には「身体の変化を常に意識する」(38.1%)が入っており、モチベーションを高めることも重要なポイントと言えそうです。

調査3:【日本人編】最も理想的な筋肉の付き方をしている芸能人TOP5

男性は「武田真治」、女性は「中村アン」が1位に。

男性ではNHKの「みんなで筋肉体操」で話題沸騰中の「武田真治」が1位となりました。マッチョ過ぎないナチュラルさがウケているようです。2位以降は「なかやまきんに君」、「春日俊彰(オードリー)・西島秀俊」、「武井壮」、「松本人志」となり、筋肉をウリやネタにしているタレント・お笑い芸人がひしめく中で俳優の「西島秀俊」が際立ちました。2013年に放映されたNHK大河ドラマ「八重の桜」で上半身を脱ぐシーンがあり、その時の肉体美が話題となり、世間に知れ渡ったようです。
 一方、女性編ではTVや雑誌で美ボディを惜しみなく披露している「中村アン」が1位となりました。自身のSNSでもトレーニング風景を度々アップしており、そのハードさが話題となっています。3位の「AYA」以外は俳優・モデルとなっており、がっちりではなくしなやかな筋肉の持ち主たちがランクインしました。

●「武田真治」を選んだ人の理由
・ゴリゴリしてなくてナチュラルだから。(40代・男性)
・見ていて無理なくきれい。(40代・女性)
 
●「中村アン」を選んだ人の理由
・適度な筋肉量で、女性らしさもある。(50代・女性)
・細いのにキレイな筋肉が付いている。(40代・女性)

調査4:【外国人編】最も理想的な筋肉の付き方をしている芸能人TOP5

1位は「アーノルド・シュワルツェネッガー」、アメリカ人がTOP3を独占!

外国人編の1位は70歳を超えても筋肉美を保ち続ける「アーノルド・シュワルツェネッガー」となりました。日本では細マッチョの「武田真治」が選ばれましたが、外国人は顔が日本人よりも濃いためか、ムキムキのマッチョが選ばれる傾向となりました。1位から4位までは俳優、5位には唯一サッカー選手の「クリスティアーノ・ロナウド」が入りました。

●「アーノルド・シュワルツェネッガー」を選んだ人の理由
・70代にもかかわらずスポーツマン並みの筋肉(70代・男性)
・このような人が タイプど真ん中です。(50代・女性)
 
●「トム・クルーズ」を選んだ人の理由
・見た目は普通で、脱ぐと頼りになりそうな筋肉量がたまらない。(50代・女性)
・スタントマン無しで、あの年齢で動けているのだから、筋肉量がちょうどよい。バランスと言うことだと思う。(50代・男性)

■調査概要
調査タイトル          :「筋肉・筋トレ」に関するアンケート調査
調査対象                :20代~70代の男女621名
調査期間                :2019年8月1日~8月4日
調査方法                :インターネット調査
調査主体                :株式会社エアトリ

関連記事一覧