• HOME
  • 記事
  • Hot Contents , Life Style
  • 病院、ドラッグストアに続く第三の選択肢「セルフケア薬局」処方せんなしで医薬品が買える零売薬局 「セルフケア薬局 雷門店」が8月31日にオープン!

病院、ドラッグストアに続く第三の選択肢「セルフケア薬局」処方せんなしで医薬品が買える零売薬局 「セルフケア薬局 雷門店」が8月31日にオープン!

SD C株式会社は、処方せんなしで医薬品が買える零売薬局「セルフケア薬局 雷門店」を2019年8月31日にオープンします。雷門店のオープンにより、「セルフケア薬局」は日本で初めて(※1)となる零売薬局チェーン店の展開を実現します。
※零売薬局とは、病院などで使用される医療用医薬品約15,000種類の内、処方せんなしでの販売が認められた医薬品約7,300種類を、薬剤師のカウンセリングのもと販売する薬局のこと。
(※1) 当社調べ

2019年7月12日発刊の日経新聞一面に「市販薬のある医療用医薬品の処方が最新の16年度データで5,469億円もあった」という趣旨の内容が掲載されました。市販薬のある軽度な症状に対する医薬品も保険で安く買えることや、医療用医薬品に対する安心感がこのような状況の背景にあると考えられます。それに対し、2019年8月22日、健康保険組合連合会が、医療機関で処方される市販薬と同じ成分の花粉症治療薬について、医療保険の適用から除外し、全額自己負担にすべきだとの提言を取りまとめるなど、保険財政のさらなる悪化が我が国の喫緊の課題とされています。


SD C株式会社は、このような社会課題に対し、全国に零売薬局をチェーン展開することで、上記にある5,469億円以上の医療費削減を目指しています。またお客様にとっても、やむを得ず病院で受診できない際の新たな医薬品購入の選択肢として、健康増進や利便性向上を目指し、薬剤師と相談しながらセルフメディケーションが行える社会を創造していきます。

「零売」という医薬品販売の方法は、実は以前より制度としては存在していました。しかし、管理の煩雑さや副作用の発生時の責任の所在などの問題があり、一般的な薬局では行われておらず、利用者にも認知されていませんでした。それに対し、SD C株式会社は2016年より実証試験を開始し、管理のシステム化や薬剤師の教育、業務手順の徹底、マニュアル構築、認知向上のための啓蒙を行うことにより、管轄保健所との協議の上、これらの問題を解決し、医薬品の販売を可能にしました。そして、これまでの延べ利用者数8,000人を超えています。

2019年8月31日、2店舗目となる「セルフケア薬局 雷門店」のオープンを皮切りに、3年以内に都内で100店舗以上のチェーン展開、そしてセルフケア薬局の全国チェーン展開を目指していきます。

セルフケア薬局 池袋店

所在地 :東京都豊島区東池袋1-45-5 A-1ビル103
定休日 :月曜、火曜、祝日
営業時間:11:00~13:00、14:00~20:00
TEL   :03-4571-0956

セルフケア薬局 雷門店

所在地 :東京都台東区雷門1-9-2 山口ビル1階
定休日 :月曜、火曜、祝日
営業時間:11:00~13:00、14:00~20:00
TEL   :03-3842-1093

ホームページ: http://selfcare-sdc.com/

関連記事一覧