道化師から悪へ。悪のカリスマ「ジョーカー」がなぜ誕生したのか?!

「ジョーカー」2019年10月4日(金)日米同時公開。

「バットマン」が誕生して80周年。バットマンの悪役として広く知られるジョーカーの誕生秘話が、ついに映画化!主演はホアキン・フェニックス、監督には「ハングオーバー!」シリーズなどコメディ作品で手腕を発揮してきたトッド・フィリップスがメガホンをとった。
独特の道化師のメイクをし、孤独で心優しかった男が人々を恐怖に陥れる悪のカリスマにいかにして変貌していったかを描いた「ジョーカー」。原作にはないオリジナルのストーリーで映画となりました。
共演は、ロバート・デ・ニーロ、ザジー・ビーツ他。
本編ではジョーカーがかつては、いかに幸せな人間だったかから始まり、次々に彼に巻き起こる事件から変貌していく様が描かれています。大都会で大道芸人として、コメディアンとして世界に笑顔を届けようとしていたはずなのに、やがて狂気にとらわれ”悪”の道へと人生が変わっていくーー。
これまでジャック・ニコルソン、ヒース・レジャー、ジャレット・レトといった名優が演じてきたジョーカー。本作では、どんなジョーカーが姿を現わすのか楽しみです。

ジョーカー 2019年製作/118分/アメリカ
原題:Joker

配給:ワーナー・ブラザース映画

監督
トッド・フィリップス

製作
トッド・フィリップス ブラッドリー・クーパー エマ・ティリンガー・コスコフ

製作総指揮
リチャード・バラッタ ジョセフ・ガーナー ブルース・バーマン

出演
ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ

http://wwws.warnerbros.co.jp/jokermovie/

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

関連記事一覧