2019年10月から消費税が10%へ!「キャッシュレス・消費者還元事業」ってどんなメリットがあるの?

まもなく2019年10月から消費税が8%から10%に引き上げられます。私たちの生活にどのような圧迫が訪れるのか?!と心配している人は多いはずです。
そんな不安感を一時的に和らげる対策が用意されているのをご存知でしょうか?
「キャッシュレス・消費者還元事業」というものなんですが、消費税10%が導入されても、キャッシュレス(例えば、クレジットカードやPayPayをはじめとするQRコード決済など)での支払いに対してポイント還元をする政府の事業です。実施期間は2019年10月1日〜2020年6月30日まで。この期間なら支払額の2%または5%のポイントが還元されるのです。

キャッシュレス・消費者還元事業

・主なキャッシュレス方法
電子マネー/プリペイドカード
クレジットカード
デビットカード
スマートフォン

ポイント還元について

・キャッシュレス決済のみに適用
・実施期間2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)
・中小店舗(個人経営の店舗など)で5%、フランチャイズなど大規模チェーン店などで2%の還元

例)テイクアウトができるあるお店で1,000円のフードを購入した場合

現金で支払った場合
1000円商品
イートイン(消費税10%) 1,100円
テイクアウト(消費税8%) 1,080円

ポイント5%還元のお店でクレジットカードで支払った場合
1000円商品
イートイン(消費税10%) 1,045円(実質)
テイクアウト(消費税8%) 1,026円(実質)

9ヶ月間の限定措置を利用しながら、キャッシュレス決済に慣れていくことが、今回のポイント還元事業の目的の一つと言えるでしょう。個人個人のお金の流れを明確にしていくことも考えてのことでしょうが、この期間の中で”キャッシュレス”と言う時代の変化に対応しながら上手に家計のやりくりをしていきたいものです。

出典:キャッシュレス・消費者還元事業
https://cashless.go.jp/

ライター ジミー

関連記事一覧