• HOME
  • 記事
  • Culture , Hot Contents , Music
  • 懐かしの楽曲とともに蘇る思い出に胸キュンするフェスがついに開催!松本伊代、早見優、西村知美、渡辺美奈代の4人のキラキラステージ10月5日開催!

懐かしの楽曲とともに蘇る思い出に胸キュンするフェスがついに開催!松本伊代、早見優、西村知美、渡辺美奈代の4人のキラキラステージ10月5日開催!

時にはひらひらのドレスととびきりのスマイルで見る人を魅了し、時にはタイトな衣装に身を包み、クールなダンスで決めて喝采を浴びる。夢を振りまき輝くアイドルたち。そうした日本の「アイドル」というカテゴリーを確立させたのは、おそらく1980年代であろう。

アイドルのベースを構築した80年代
社会現象を巻き起こした多くのスターを放出。

今もなおアイドルとしての存在感を放つ松田聖子がデビューしたのが、1980年である。
この年、それまでのアイドル像とは異なるオーラを持った歌手たちが現れた。田原俊彦、河合奈保子、三原順子、岩崎良美、柏原芳恵、近藤真彦…ここからアイドル活躍のステージが大きく広がっていくのである。
1982年は、「花の82年組」という言葉に象徴されるほど、多くのアイドルが生み出された。
自分の名前と年齢をキャッチーなメロディに乗せて歌って大ヒットした『センチメンタル・ジャーニー』の松本伊代、英語堪能・帰国子女という知的なイメージを備え『夏色のナンシー』で大ブレイクした早見優、さらには1つの神話を創り出した中森明菜、今や大女優となった小泉今日子、「スチュワーデス物語」で国民的アイドルとなった堀ちえみ、西城秀樹の妹募集でグランプリを勝ち取りデビューした石川秀美、女性アイドルの華やかさの中でワイルドな存在となったシブガキ隊もいた。
その後、1985年には一大おニャン子旋風が巻き起こる。夕方のバラエティ番組から誕生した「おニャン子クラブ」が社会現象ともなり、ヒットチャートも常に彼女たちが埋め尽くしていた。『瞳の約束』でソロデビューを果たした渡辺美奈代は、5作連続オリコン初登場1位という当時としては異例の新記録をつくった。
「おニャン子クラブ」が活躍する中、癒し系のアイドルが出現する。「トロリン」とも呼ばれた天然キャラで一躍お茶の間のアイドルとなった西村知美である。『夢色メッセージ』のデビューから35年の今も彼女の癒しのオーラは変わらない。

輝き続ける4人の永遠のアイドル
懐かしくて新しいキラキラなステージがまもなく!

松本伊代、早見優、西村知美、渡辺美奈代の4人が集まり、それぞれのヒット曲と80年代を飾ったアイドルたちの楽曲で、懐かしくて新しいキラキラなステージを繰り広げる「80’S Idol Fes(80年代アイドルフェス)」が2019年10月5日(土)開催されることとなった。
コラボ企画はもちろん、今だからこそ話せるマル秘なトークショーもあり!とか。意外にもこの4人がステージで一緒に歌うのは初めてだそうだ。一世を風靡したアイドルたちが大人になって、新たな魅力で輝きを放ってくれる。

80’S Idol Fes(80年代アイドルフェス)
会場
ニッショーホール
東京都港区虎ノ門2丁目9番16号会場アクセスはこちら
http://www.nissho-jyouhou.jp/nissho-hall/accesmap.html

開場・開演
1部
13:00開場/14:00開演
2部
17:00開場/18:00開演

チケット
全席指定 ¥8,000(税込)
1部・2部通し割引チケット¥15,000(税込)

チケット販売サイト

・ファニティ
https://www.funity.jp/tickets/80idol/showlist/

・e+(イープラス)
https://eplus.jp/sf/detail/3057270001-P0030001P021002?P1=1221

・80’S Idol Fes(80年代アイドルフェス)公式サイト
https://www.80s-idolfes.com

80’S Idol Fes(80年代アイドルフェス)公式Twitter
https://twitter.com/80sidolfes_info

関連記事一覧