大人気催事「大北海道展」【あべのハルカス近鉄本店】で10月2日(水)から開催!

あべのハルカス近鉄本店で、10月2日から1番人気の催事「大北海道展」を開催します。
今回は北海道物産展担当暦21年のバイヤーが北海道の2エリアに着目。第1弾は、日本最北端“宗谷エリア”を特集。礼文・利尻島の特産物を紹介します。第2弾は、昨年9月に北海道胆振東部地震で甚大な被害を受けた“胆振エリア”を応援します。
また北海道胆振東部地震で被害を受けた同地域の復興へと向かう姿を写した「写真展」も開催します。

【期間】
第1弾:10月2日(水)~8日(火) 
第2弾:10月9日(水)~15日(火)
【場所】ウイング館9階催会場 
※8日(火)は19:00まで、最終日は17:00閉場

第1週「宗谷エリア」

最北の地ならではのグルメ“礼文ウニ”や高級食材が登場!
日本最北の有人島である礼文島を含む「宗谷エリア」から、ハルカスオリジナル商品などが登場します。

全国からこの一杯を求めて訪れるほど人気のお店が初登場。
高級食材「利尻昆布」をふんだんに使い豚骨・鶏ガラをブレンドした、あと味スッキリの出汁スープに、中太の熟成ちぢれ麺の相性抜群です。


<利尻らーめん 味楽>
焼き醤油らーめん 1杯 960円

(初登場・イートイン)

高級利尻昆布を食べて育った礼文島のバフンウニとムラサキウニの2種類のウニをたっぷり使用。
さらに今回は礼文島の大ぶりボタンエビをのせて贅沢な海鮮丼にしました。


<島の人 礼文島本店>

島の2色ウニとボタンエビ丼【各日限定数50】1杯 4,290円

(近鉄本店限定・イートイン)

宗谷の厳しい環境で育った礼文産ホッケは身が厚く脂がたっぷりのっています。

※写真は調理例


<北海道礼文町産地協議会>

ホッケちゃんちゃん焼 1枚 1,001円

(初登場)

異なる環境で育った牛から採れる牛乳3牧場の食べ比べシュークリームが初登場。
ほんのり塩気をきかせたパリっとした生地に、逆さにしても落ちないほど濃厚な「白いカスタードクリーム」は絶品です。


<札幌スイーツセルクル>
3種の牧場シュークリーム 3個入り 1,188円

(初登場・実演)


天塩・宇野牧場/十勝・鹿追・カントリーホーム風景/函館・大沼・山川牧場(左から)
第2週「胆振エリア」

肥沃な大地で育った農産・畜産物が登場!
地元で愛される胆振の名店から、ハルカスオリジナル商品などが登場します。

札幌人気スープカレー〈GARAKU〉×白老町〈牛の里〉ハンバーグの贅沢コラボ。
濃厚スープカレーの上には、白老牛と道産牛で作られる牛肉100%の手ごねハンバーグを贅沢にのせています。


札幌<スープカレーGARAKU>

牛の里ビーフハンバーグと野菜のスープカレー【各日限定数100】1人前 1,694円

(近鉄本店限定・イートイン)

ラーメン激戦区・札幌の人気店〈山嵐〉×安平町〈夢民舎〉の濃厚コラボ。
味噌に合うカチョカバロとモッツァレラで、とろみと香ばしさを加えました。


札幌<山嵐>
はやきたチーズのチャーシューみそ豚骨ラーメン【各日限定数100】
1杯 1,380円

(初登場・近鉄本店限定・イートイン)

10月の漁解禁からほんのわずかしか獲れず、希少なししゃも。
卵を抱いていない若いメスししゃもで、ピンクに輝き、脂がのったふんわりやさしい味わいです。

胆振・むかわ町<カネダイ大野商店>
姫ししゃも 10尾 1,080円~

ハスカップ栽培量日本一を誇る厚真町からは、山口農園のハスカップソフトが初登場。
ハスカップの程よい酸味と相性抜群のヨーグルトソフトクリームはクセになる一品。


胆振・厚真町<ハスカップファーム山口農園>
ハスカップヨーグルトソフト 1個 501円

(初登場・実演)

あべのハルカス近鉄本店
https://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/

関連記事一覧