• HOME
  • 記事
  • Hot Contents , IT
  • 10月1日から全国のダイソー直営店(一部店舗除く)でスマホ決済サービス「PayPay」を導入。

10月1日から全国のダイソー直営店(一部店舗除く)でスマホ決済サービス「PayPay」を導入。

「ダイソー」(DAISO)を展開する大創産業が、10月1日から、全国のダイソー直営店(一部店舗を除く)にモバイル決済「PayPay」を一斉に導入することを発表。
ダイソーの直営店は全国に2000店舗以上。フランチャイズ店舗でも順次、PayPayを導入していく計画のようです。
2019年10月1日~消費税率引き上げや軽減税率制度の実施、キャッシュレス決済サービスの推進を受け、店舗のクレジット決済や電子マネーなどのキャッシュレス化を順次加速していくとのこと。

PayPay
事前にチャージした電子マネー(PayPay残高)、またはクレジットカードからユーザーが決済手段を選択でき、PayPay加盟店やオンラインサービスでのお支払いにご利用いただけます。PayPay残高へのチャージは、銀行口座からのオンラインでのチャージが可能です。また、ユーザー間でPayPay残高(PayPayマネーライト)を「送る・受け取る」機能や、グループでのお食事に便利な「わりかん」機能など、さまざまな機能をご提供しています。

■株式会社大創産業について
大創産業は、1977年12月に設立、「だんぜん!ダイソー」をスローガンに、生活必需品から趣味趣向品まで生活を豊かにする商品約70,000種類を取り扱っています。2019年3月現在、「DAISO」を世界28の国と地域に5,542店舗展開しています。(国内3,367店、海外27の国と地域に2,175店)
毎月約800種類の新商品を開発し、2019年3月期の売上げは4,757億円となっています。
https://www.daiso-sangyo.co.jp/

関連記事一覧