• HOME
  • 記事
  • Hot Contents , Life Style
  • 【消費意識に関するアンケート調査】消費税10%に伴い、家計支出を引き締めると思う人は5割強。今後1年間の購買意欲は低くなると思う人が3割強で、2017年より増加

【消費意識に関するアンケート調査】消費税10%に伴い、家計支出を引き締めると思う人は5割強。今後1年間の購買意欲は低くなると思う人が3割強で、2017年より増加

いよいよ2019年10月から消費税が10%に引き上げられます。マイボイスコム株式会社では、6回目となる『消費意識』に関するインターネット調査を2019年9月1日~5日に実施し、10,325件の回答を集めました。

◆1年前と比べた支出額の変化、収入額の変化
1年前と比べて、生活全体の支出額が増えた人は27.7%、減った人は15.7%です。「変わらない」が56.7%となっています。収入額では、増えた人が14.5%、減った人が25.3%、「変わらない」が60.2%です。過去調査と比べて、収入額が減った人の比率は減少しています。
 
 
◆1年前と比べた購買意欲の変化
1年前と比べて、購買意欲は「変わらない」が60.2%となっています。購買意欲が高い人は「高い」「やや高い」を合わせて11.6%、購買意欲が低い人は「低い」「やや低い」を合わせて28.3%です。年代が低い層では購買意欲が高い人の比率が高い傾向で、10・20代では購買意欲が高い人が低い人より多くなっています。

◆1年前と比べてお金をかけていること
1年前と比べてお金をかけていることがある人は7割弱です。かけていることは(複数回答)、「食品・飲料」「旅行、レジャー」「外食、グルメ」が各2割前後で上位にあがっています。女性10・20代では「美容、化粧品」、女性30・40代では「子供や孫の教育関係」の比率が高い傾向です。

◆今年お金をかけるのを我慢していること
今年お金をかけるのを我慢していることがある人は7割弱で、過去調査と比べて減少傾向です。我慢していることは(複数回答)、「旅行、レジャー」「外食、グルメ」「衣料品、アクセサリー」が2~3割で上位にあがっています。女性10~30代では、「衣料品、アクセサリー」が1位です。
 
 
◆今後1年間の購買意欲の変化
今後1年間の購買意欲が高くなると思う人は「高くなる」「やや高くなる」を合わせて7.1%、低くなると思う人は「低くなる」「やや低くなる」を合わせて34.7%です。「変わらない」が58.1%となっています。2017年と比べて、低くなると思う人の比率は増えています。若年層では、高くなると思う人の比率が高い傾向です。
◆消費税10%に伴う家計支出の引き締め度合い
消費税が10%になる2019年10月以降、家計の支出を引き締めるかを聞いたところ、引き締めると思う人は「引き締める」「やや引き締める」を合わせて5割強、引き締めないと思う人は「引き締めない」「あまり引き締めない」を合わせて1割強、「どちらともいえない」が35.9%です。女性10~50代では、引き締めると思う人が6割強となっています。

【詳しい調査結果】
https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=25412

【過去の調査結果】
<第5回>(2017/9) 
https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=23016
<第4回>(2015/9) 
https://myel.myvoice.jp/products/detail.php?product_id=20617

マイボイスコム株式会社
【企業HP】 https://www.myvoice.co.jp/

関連記事一覧