公道を<電動キックボード>でラクラク走行! E-KONから2モデルを、Makuakeにて発売!

海外で大ブーム!移動をワクワクさせる公道走行可能な“電動キックボード”がE-KONから発売。
海外ではすでに日常的な移動手段として普及している公道を走れる電動キックボード。ヨーロッパでは当たり前の様にシェアリングされた電動キックボードが街中を走っています。一方日本では自転車や電動でないキックボードなどと比べて保安基準が厳しいことからまだまだ海外ほど浸透しておらず、私有地で楽しむ程度に留まっていました。

しかし近年、自動車の排気ガス等の環境問題も手伝い、電動モビリティにスポットライトが当たり始めると同時に、電動キックボードにも注目が集まり始めています。電気国家戦略特別区域会議にて福岡市における電動キックボードの公道走行の規制緩和が提案されるなど、日本国内でも電動キックボードで公道走行ができないかの模索が始まりました。
E-KON社は、原動機付自転車の保安部品を電動キックボード用に開発し、適正に取り付けることで原動機付自転車として登録することに成功し、公道走行可能な電動キックボードを誕生させました。

原動機付自転車と同じ扱いのため、原付免許や普通自動車免許を所持、ナンバーを取得、ヘルメット着用、など条件を満たしていれば公道を走行することが可能となります。

■『E-KON grande』『E-KON standard』の特徴

日本国内での電動キックボードのさらなる普及を期待し、E-KONは数年の研究開発を経て、手に取りやすい価格・乗り心地や使い勝手にこだわった2つの販売用モデルを製品化することとなりました。

<共通の特徴>
電動キックボードの最大の特徴である手軽さ。折りたたんで持ち運べるので、電車やバスに乗る前・乗った後や旅行先などのちょっとした移動もグッと楽になります。
充電式のバッテリーは、家庭のコンセントで充電が可能です。

●乗り心地重視『E-KON grande』
他社製品と比較するとまだまだ軽量クラスながら適度な重量感を持たせ、段差やガタガタ下道も快適な乗り心地を実現。一度の充電での走行可能距離は20kmから30km!スペック重視モデルです。

●持ち運びに便利な軽量モデル『E-KON standard』
重さは電動キックボードでは最軽量クラスの7.5kg!ストラップが付属し、片手で持ち運びできるサイズでありながら、一度の充電で10kmから15kmの走行が可能です。折り畳み式のハンドルを採用するなど安価モデルながらも、納得のスペックとなっています。

<Makuakeページ> ※2019年11月29日まで
https://www.makuake.com/project/e-kon/

関連記事一覧