• HOME
  • 記事
  • Goods , Hot Contents , Travel
  • サスティナブルで、革新的なスーツケース「Solgaard Carry-on」が待望の日本上陸!荷ほどき、再荷造りが不要。クラウドファンディングに登場!

サスティナブルで、革新的なスーツケース「Solgaard Carry-on」が待望の日本上陸!荷ほどき、再荷造りが不要。クラウドファンディングに登場!

アメリカ・ニューヨーク発のトラベルギアブランド「Solgaard」が開発した「Solgaard Carry-on」をクラウドファンディングサイトMakuakeを通して先行販売。「Solgaard Carry-on」は特許取得済みの立体シェルフ型収納を内蔵したスーツケースで、面倒なパッキングを簡単かつ、高速化。旅行や出張でのホテルライフをより快適にします。ボディは非常に頑丈なドイツ製ポリカーボネート、10年の製品保証。裏地は海洋プラスチックをアップサイクルしたサスティナブル素材。ホテル到着後は荷ほどき、再荷造りが不要。面倒なパッキングを簡単、効率的、時間短縮することができます。

クラウドファンディングページ
https://www.makuake.com/project/solgaard/

使い方
・出発前のパッキングは立体シェルフに入れていくだけで簡単
・移動中にぐちゃぐちゃにならない
・チェックインで荷ほどき不要。開いたらハンドルにシェルフをかける。
・滞在中すぐ目的のものを見つけられる(ひっくり返して探す無駄がない)
・立てたまま出し入れできて狭いビジネスホテルでも場所を取らない
・チェックアウトでバタバタしない。荷造りが一瞬で!

こうしてホテルライフをより一層快適にしてくれます。カラーは、ブラックとブルーの2色展開。
3辺合計が115cm以内で、日本の国内線、国際線ともに機内持ち込み可能サイズ。
高さ:53cm , 横幅:34cm , 奥行き:23cm
容量:36L
重さ:3.3kg (+ シェルフ:0.4kg)
ボディ素材:ドイツ製ポリカーボネート
Designed by: Solgaard in ニューヨーク
生産工場:中国

誕生のストーリー
ファウンダーのAdrian Solgaardは年間50回も飛行機に乗る出張の多い生活をしていました。彼はミニマリストでしたが、いつもパッキングの面倒さにうんざりしてました。さらには、ホテルではたびたび同じ問題が発生します。目的のモノを探すためにスーツケースの中身をひっくり返し、そして再び梱包する…ギュウギュウと頑張っても、元の状態に戻すのは不可能に。
『支度に手間取りたくない』
自分自身の抱えていた悩みを解決するスーツケースのアイデアは2016年ごろからありました。2017年の夏、カナダのバンクーバーにある友人のVRスタジオにて、理想のスーツケースのアイデアを3Dで作成。目の前の光景に信じられないほど興奮し、居ても立ってもいられずすぐに実際のサンプル製造に取り掛かったのです。
そして、2018年アメリカのクラウドファンディングにて絶大な支持を得て、トータル693,211ドル(約7600万円)の支援獲得に成功し、誕生しました。

2018年のTIME誌の【BEST INVENTIONS】受賞
https://time.com/collection/best-inventions-2018/

 

 

「Solgaard Carry-on」は、クラウドファンディング・マクアケにて 11月7日から 12月27日までを募集期間とし、2月中に発送予定です。プロジェクトでは最大40%割引の先行予約受付中。

●クラウドファンディングページ
https://www.makuake.com/project/solgaard/

●ホームページ
https://www.solgaard-jp.com/

Solgaardブランドについて
Solgaardはアメリカ・ニューヨークを拠点とし、ファッションとテクノロジーの交差点で、革新的なトラベルギアを開発しています。
Solgaardブランドが開発するプロダクトはいずれも持続可能性(サステイナビリティ)を築くという信念を持って作られています。
スーツケース1つを作るたびに海から2.2kgの海洋プラスチックを回収、そして洗浄、粉末状にして生地へとアップサイクル。こうして生まれたサスティナブルな素材をスーツケースの裏地に使っています。
Solgaard製品のご購入が、私たちと共に社会の重要な問題に取り組んでいく事に繋がります。

ESCALE株式会社はSolgaard製品の日本正規総代理店です。

関連記事一覧