おいしい!かわいい!サニーヒルズのパイナップルケーキを台湾桃園国際空港で買う!

「台湾に行くなら買ってきてほしいパイナップルケーキがあるんだけど。」
パイナップルケーキといえば、台湾のお土産として有名。
でも、なんというか、甘くて、パッサパサしていて、「美味しいもの」というイメージからは程遠い。
どちらかというと、買い手側もしょうがなくお土産として買って帰るし、もらう側も、お土産だから仕方なく食べる。
1個食べれば十分かな。という代物だったりする。
だから、わざわざパイナップルケーキを買ってきてほしいとお願いされた時に大変驚いた。
なぜ、あの、パイナップルケーキを欲しているのか。わけがわからない、と。
どうやら、「ただ、そこらへんに売っているパイナップルケーキを買ってくれば良い」というは訳ではなかった。
サニーヒルズというところのパイナップルケーキを買ってきてほしいとのことだった。
早速、ネットで検索をしてみる。
サニーヒルズ|微熱山丘 SunnyHills

とってもオシャレで可愛いではないか。これは良いかもしれない。
だが、東京にお店があるので、わざわざ台湾で買う必要はないのではないかと思った。
しかしながら、実は、東京と台湾では中に入っているパイナップルがどうやら違うとのこと。
地域差を出した商品作りをしているようである。
とにかく、買ってきてと言われたからにはお土産に買って帰るしかない!

どこで買ったらいいか、どちらかというとわざわざこれを買うためだけに移動するのは避けたいところ。
一番ベストなお店は桃園国際空港のお店。
荷物検査をして、待合フロアがある免税店のモールの中ではなく、空港に来た人なら誰でも買うことができるお土産屋エリアなので買いやすいです。

実際に買いに行ったのですが、ちょっとわかりにくい場所にありました。
桃園国際空港は2つターミナルがあります。
お店は第2ターミナルにあります。多くの人は帰国の際、第1ターミナルを使用するので、第2ターミナルにはいかないかもしれません。

2つのターミナルは電車でつながっているので、サニーヒルズのパイナップルケーキをお土産に買う際は、
まず、第2ターミナルに向かったほうが良いです。
台北駅から空港へ向かう際は桃園国際空港第1ターミナル駅をスルーして、第2ターミナル駅で降りてください。

駅を降りると、エスカレーターでみんな上がっていくので上がります。上がっていく途中でフードコートがありました。ここにあるのかと思いましたが、違いました。

うーん、いま、自分が何階にいるのかよくわからない!
空港は大きいし1階の基準となるものが見えないのでいま、自分が何階にいるのかがわからない。

2階のお土産エリアにいきたいのにわからない。
広いロビーのようなところに出て、おそらく、ここが1階なのではないかということがなんとなくわかる。
エスカレーターで上にいくと、ちょうど2階の真ん中あたりに隈研吾がデザインしたおしゃれな店舗があった。

エスカレーターで2階についてすぐの風景。奥のオレンジ色の木の枝のような店舗がサニーヒルズのもの

商品はいろいろありましたが、初めてなので、一番売れているものを聞いて、定番のパイナップルケーキを購入しました。麻布でできた可愛らしい袋に入っていました。4つ買ったので、それを入れる大きな紙袋がほしかったのですが、商品を入れる大きな袋は用意していないとのことでした。

台北の様々なお店で感じましたが、台湾はかなり環境に配慮ていると感じます。
ストローは紙でできていたり、ショッパーもなかったり、別料金だったりします。

もし、サニーヒルズで大量にお土産を買うのであればエコバッグを持っていくほうがいいかもしれません。
荷物預けなら良いですが、機内持ち込みで持って帰る場合は絶対必要です。

私は、H&Mでもらった紙袋にいれて持って帰りました。なにかに使うかもしれないと、捨てずにとっておいて良かった。

なかなか重さもあるので、紙ではない袋を用意しておいたほうがいいかもしれません。
買い終わったら、また電車に乗って第1ターミナルへ向かいます。
空港ターミナル間の移動の際、悠遊カードでなら無料とのことです。お得ですね!

帰国して実際に食べてみました。甘さが抑えられていて食べやすい感じでした。中にはパイナップルが入っているのですが、繊維質なものが柔らかく煮てあってアップルパイの中のりんごのような感じでした。繊維感が決して固くなく、シャキシャキして美味しいです。高級なカロリーメイトのような感じにも思えます。

しかし、気をつけなければなりません。カロリーはものすごく高いからです!200キロカロリーを超えます。
おにぎり1個分よりも多いカロリーです。
美味しいからといって一度にたくさん食べると大変なことになるので気をつけてくださいね。

覚えておくことは、
「帰りに桃園国際空港へ行く際はまず、第2ターミナルの2階に行く」ということです!

コラムニスト GORILAX
大学院卒 学術修士。ふと、湧きだす好奇心から、いろんなセカイを巡るのが好き。実際に現地に足を運んで、海外のイベントや食、文化についてのコラムを執筆したり、国内の「面白いもの」について紹介していきます。

 

関連記事一覧