THE YELLOW MONKEY× AVIOT TE-D01d mk2 ベストセラーモデルTE-D01dの後継として更に高音質、多機能、そして長時間再生を実現!

AVIOT (アビオット)から音楽再生やワイヤレス充電機能を備えた完全ワイヤレスイヤホン「TE-D01d mk2」を11月30日(土)より予約受付を開始。12月21日(土)より販売がスタートします。
メインビジュアルには結成30周年を迎えるTHE YELLOW MONKEYを起用し、最新曲『DANDAN』のMusic Videoとリンクした CM動画に加え、メンバーによるインタビュー動画も公開。WEB CMでは、メンバーがTE-D01d mk2各色を装着して登場。インタビュー動画ではAVIOTのイヤホンを使用したメンバー感想や、イヤホンに対するこだわり、自身の楽曲との相性などを語ります。

WEB CM

15秒版

30秒版

60秒版

インタビュー動画

特設ページ
https://aviot.jp/special/the-yellow-monkey
完全ワイヤレスイヤホンとして空前のベストセラーとなったTE-D01d。AVIOTチームに寄せられた使用者の声から徹底的に機能、音質そして質感をブラッシュアップ。Qi規格に準拠したワイヤレス充電機能や大容量バッテリーによる更なる長時間再生。要望の多かったアンビエントマイク(外音取り込み)機能も搭載しました。
音を決定付けるスピーカー振動板には、AVIOTが厳選した、内部損失が多く固有の癖が少ない超薄型PUフィルムに、歪みや“刺さり”感がなくハイスピードな中高域を実現するために高純度チタニウム振動板を採用。磁気回路には磁束密度の高いネオジウムマグネットを使い、この高性能振動板を正確且つパワフルにドライブします。
世界旅行にも連れていける、最大120時間*の長時間再生

AVIOTの省電力設計ノウハウと、最新SoCの採用により、イヤホン単体で最大11時間*、チャージングケースとの併用で最大120時間*という長時間再生を実現しました。

*アンビエントマイクの使用、電波状況、音量によって、再生時間が短くなる場合があります。より高音質なaptX™コーデックご使用時には2-3割程度再生時間が短くなります。

チャージングケースさえもワイヤレス
付属のチャージングケースには約1950mAhの大容量バッテリーを搭載。イヤホンを10回も充電できるだけなく、モバイルバッテリーとしてスマホなどへ簡易充電も可能。もう重たいモバイルバッテリーを一緒に持ち歩く必要はありません。更に、Qi規格対応の充電器でワイヤレス充電が可能。USB-TypeCにも対応して利便性を高めました。
AVIOTなら、もっとつながる
完全ワイヤレスイヤホンは、外部にアンテナの役目をするケーブルが無い為、無数の電波が飛び交う都会の人込みなどでは、混線により音が途切れやすいという欠点がありました。音切れの少なさで好評を得た先代モデルの内蔵アンテナの設計を見直して更に改良。接続安定性を一段と向上させました。また、Qualcomm社の”TrueWirelessStereoPlus”に対応。最新の対応スマートフォンと組み合わせる事で、左右のイヤホンそれぞれが独立して接続されることにより、その安定性が強化されます。電車の中や駅の構内など、日本の厳しい環境下でも、音切れを最小限に抑えるアイデアや機能をたくさん詰め込んでいます。
ポロリ、をもっと少なくする新形状
エルゴノミクスなデザインを追求し、耳に触れる部分の全ての形状を一から見直しました。これにより、長時間の快適使用だけでなく、ランニングなどのスポーツにも外れにくい構造となりました。また、ナノコーティングなどの防水処理により、IPX5レベルの防水性能を実現*。もう、急な雨に降られてもイヤホンを外す必要はありません。

*イヤホン本体のみ。

オンガクも会話も途切らせない
Bluetoothのコーデックは、一般的なSBCの他、より高音質なAACとaptXにも対応。aptXに対応するAndroid端末との組み合わせで、より情報量が多く、ワイドレンジな音を楽しめます。SBCやAACコーデック時での低遅延化も実現。YouTubeなどの動画再生時もストレスなく楽しめます。
aptX™コーデックにより、もっと高音質に

Bluetoothのコーデックは、一般的なSBCの他、より高音質なAACとaptXにも対応。aptXに対応するAndroid端末との組み合わせで、より情報量が多く、ワイドレンジな音を楽しめます。SBCやAACコーデック時での低遅延化も実現。YouTubeなどの動画再生時もストレスなく楽しめます。

THE YELLOW MONKEY
吉井和哉、菊地英昭、廣瀬洋一、菊地英二のラインナップで1989年12月から活動。グラムロックをルーツに持つ独自のグラマラスなスタイルで人気を博し、1992年5月メジャーデビュー。ライブの動員、CD売上ともに90年代の日本の音楽シーンを代表するロックバンドとなるも、2001年1月8日東京ドームでの公演終了後、活動を休止。その後も休止状態のまま、2004年に解散。2016年1月8日、再集結を発表。22万人を動員した全国アリーナツアーを皮切りに、フェスへの参加や全国ホールツアー、15年ぶりの新曲リリースなど精力的に活動し、大晦日にはNHK紅白歌合戦への初出場を果たす。2017年5月にはベストアルバムの新録盤をリリース。その後、3ヶ月連続配信リリースや再集結の一年間を追ったドキュメンタリー映画「オトトキ」の公開などを経て、12月に17年ぶりとなる東京ドーム公演を開催。2018年11月、約1年ぶりとなる新曲『天道虫』を配信リリース。同日、全シングル・アルバムの全世界配信を開始。
2019年1月、先行配信シングル『I don’t know』リリースを経て、4月17日に19年ぶり9枚目となるオリジナル・アルバム『9999』をリリース。同作を携え、4月27日より全国アリーナツアーを開催し、全27公演で20万人を動員。
そして、結成30周年を迎える2019年12月28日のナゴヤドーム公演を皮切りに、キャリア初となるドームツアーの開催が決定している。

TE-D01d mk2カラーバリエーション
・TE-D01d mk2-DR(ダークルージュ)
・TE-D01d mk2-NV(ネイビー)
・TE-D01d mk2-BK(ブラック)

販売価格
12,650円(税込)

<TE-D01d mk2予約受付開始日>
11月30日(土)
<TE-D01d mk2発売日>
12月21日(土)

キュートなデザインの完全ワイヤレスイヤホン「TE-D01i」を2020年1月に発売予定
イヤホン女子の耳に最もフィットするエルゴノミックな形状と、その日の気分やファッションに合わせて交換可能なカバーを採用した「TE-D01i」も2020年1月に登場予定です。

■AVIOT国内正規取扱店リスト
https://aviot.jp/shoplist.html

関連記事一覧