ARで体験する未来のアパレルデザイン。 デザインを選んで洋服にプリントする。

H&M、「スター・ウォーズ」とARを使ったオリジナルアイテム製作体験を
期間限定で実施

H&M原宿店限定で、ディズニーの『スター・ウォーズ™・サーガ』プリントを使用した没入型のAR体験、リデザイン・ラボを12月12日(木)から12月15日(日)まで期間限定で実施。
リデザイン・ラボでは、 最初にプリントしたい洋服を選び、AR用のゴーグルを装着して現実世界に仮想世界を重ねながら、約20種類の『スター・ウォーズ・サーガ』デザインを洋服に重ね、気に入ったデザインを対象商品にプリントする流れです。まるでデザイナーになったような感覚で、服を作ることができます。
デザインイメージ
※一部を抜粋しています。

「H&Mの店舗で、初めてこのような体験を実現できることを嬉しく思います。今回の体験は、商品のカスタマイズとオンデマンド生産を通じ、テクノロジーがどのように洋服に付加価値を与えるのに役立つかを示す好例となっています。これにより、過剰な生産を回避し、より長く愛され、大切にされる有意義な商品が作り出され、将来のビジネスモデルが一層サステイナブルなものとなるでしょう。」
(H&Mジャパン代表取締役社長、ルーカス・セイファート)

この没入型のAR体験は、H&Mが、実店舗での顧客体験の向上や、新テクノロジーを通じて試行する、新しくて魅力的なファッションデザイン手法の一例です。また、デザイン面だけでなく、H&Mの既存の商品からデザインをカスタマイズできる機会を提供し、オンデマンドの生産ソリューションをテストすることにより、衣類の過剰生産を回避する役割もあるとか。そして、このことが最終的には水資源の節約と、CO2排出量減少につながるということです。

STAR WARSおよび関連する素材は、米国、その他の国におけるLucasfilm Ltd. またはその関連会社の著作権となります。 ©&TM Lucasfilm Ltd.

いよいよ2019年12月20日日米同時公開!
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

https://starwars.disney.co.jp/movie/skywalker.html

関連記事一覧